contextualIdentities

contextual identitiesの操作: contextual identities を一覧、作成、削除、更新します。

"Contextual identities"は「コンテナ」とも言われ、ブラウザーの機能で、ユーザーがウェブブラウズしている時に複数のIDを想定し、そこでもID同時の分離を維持したいアイデアを指します。例えば、ユーザーが「仕事のID」と「個人のID」を分けたいと考えて、これら2つのコンテキストで cookies を共有したくない場合など。

contextual identities 機能により、各コンテキストIDは名前、色、及びアイコンを持ちます。新規タブがIDにアサインされ、名前、アイコン、色がアドレスバーに出現します。内部的には、各IDが他のタブには共有されない自分の cookie ストアを持ちます。

Contextual identities は Firefox の実験的機能であり、Firefox Nightly だけでデフォルト有効になっています。その他のバージョンの Firefox で有効にするには、 privacy.userContext.enabled の設定を true にします。contextual identities は Android版Firefox でも利用できますが、このバージョンでは動作する UI がないのにご注意ください。

Firefox 57 より前では、contextualIdentities API は contextual identities 機能自体が有効になっている場合にだけ利用できます。機能が無効なまま拡張機能が contextualIdentities API を使おうとした場合、メソッド呼び出しは promises を false に解決します。

Firefox 57 以降では、contextualIdentities API を使う拡張機能がインストールされたら、contextual identities 機能は自動的に有効化されます。"privacy.userContext.enabled" プリファレンスを使って、まだユーザーが機能を無効化できるのに注意します。これが起きたら、contextualIdentities メソッドの呼び出しで、エラーメッセージと共に promises を拒否します。

Firefox での contextual identities のより詳しい情報はこのガイドを見てください。

Contextual identities は現在その他のブラウザーではサポートされていません。

この API を使うには、 manifest.json ファイル内で "contextualIdentities" パーミッションを入れます。

contextualIdentities.ContextualIdentity (en-US)
contextual identity に関する情報を含みます。

関数

contextualIdentities.create() (en-US)
新しい contextual identity を作成します
contextualIdentities.get() (en-US)
cookie ストア ID を引数に、単一の contextual identity を取得します
contextualIdentities.query() (en-US)
すべての contextual identities を取得、あるいは特定の名前の全 contextual identities を取得します
contextualIdentities.update() (en-US)
既存のcontextual identity のプロパティを更新します
contextualIdentities.remove() (en-US)
contextual identity を削除します

イベント

contextualIdentities.onCreated (en-US)
contextual identity 作成時に発火します
contextualIdentities.onRemoved (en-US)
contextual identity 削除時に発火します
contextualIdentities.onUpdated (en-US)
1つ以上の contextual identity のプロパティが更新された時に発火します

ブラウザ実装状況

BCD tables only load in the browser

Example extensions