browsingData

拡張機能がユーザーの閲覧中に蓄積したデータをクリアできるようにします。

browsingData API では、閲覧データは下記の型に分けられます。

  • browser cache (ブラウザーキャッシュ)
  • cookies
  • downloads (ダウンロードデータ)
  • history (履歴)
  • local storage (ローカルストレージ)
  • plugin data (プラグインのデータ)
  • saved form data (保存したフォームデータ)
  • saved passwords (保存したパスワード)

これらの型の組み合わせを削除するのに browsingData.remove() (en-US) 関数を使用できます。それぞれのデータ型を削除する専用関数もあり、例えば removePasswords() (en-US), removeHistory() (en-US) などです。

すべての browsingData.remove[X]() 関数は browsingData.RemovalOptions (en-US) オブジェクトを取って、これをデータ削除のその他2つの側面を管理するのに使うことができます:

  • データ削除を過去どれだけ遡れるのか
  • 通常のウェブページか、ホストされたウェブアプリも含めてデータ削除するのかのいずれか。このオプションは Firefox ではまだサポートされていないことに注意してください。

最後に、この API の browsingData.settings() (en-US) 関数で、ブラウザー組み込みの「履歴消去」機能の現在の設定値を取得できます。

この API を使うには、"browsingData" の API パーミッションが必要です。

browsingData.DataTypeSet (en-US)
削除データの型を指定するオブジェクト。例えば、history, downloads, passwords, など
browsingData.RemovalOptions (en-US)
データ削除するのにどれくらい以前に遡るのか、通常のウェブ閲覧/ホスト型アプリ/アドオンのどのデータを削除するのかを指定するオブジェクト。

メソッド

browsingData.remove() (en-US)
指定された型の閲覧データを削除する
browsingData.removeCache()
ブラウザーキャッシュを消去する
browsingData.removeCookies() (en-US)
cookies を削除する
browsingData.removeDownloads() (en-US)
ダウンロード済みのファイルを削除する
browsingData.removeFormData() (en-US)
保存されたフォームデータを消去する
browsingData.removeHistory() (en-US)
ブラウザー履歴を消去する
browsingData.removeLocalStorage() (en-US)
ウェブサイトが作成した local storage を消去する
browsingData.removePasswords() (en-US)
パスワードを消去する
browsingData.removePluginData() (en-US)
プラグインに関連するデータを消去する
browsingData.settings() (en-US)
ブラウザーの「履歴消去」機能の現在の設定値を得る

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

Example extensions

謝辞

この API は Chromium の chrome.browsingData API に基づいています。

Microsoft Edge での実装状況は Microsoft Corporation から提供されたものであり、ここでは Creative Commons Attribution 3.0 United States License に従っています。