この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

インストール済みのアドオンの管理情報を取得します。

management API で次のことができます

  • インストール済みのアドオンの管理情報の取得
  • アドオンの有効化・無効化
  • アドオンのアンインストール
  • 特定のアドオンやマニフェストのパーミッション警告を調べる
  • アドオンのインストール・有効・無効の状態に関する通知の取得

操作のほとんどは "management" API パーミッションを要求します。他のアドオンへのアクセスを提供しない操作はこのパーミッションを要求しません。

management.ExtensionInfo
インストール済みアドオンの管理情報を持つオブジェクト

関数

management.getAll()
全てのインストール済みアドオンの管理情報を返します。
management.get()
指定したIDのアドオンの管理情報を返します。
management.getSelf()
この関数を呼び出したアドオン自身の管理情報を返します。
management.uninstall()
指定したIDのアドオンをアンインストールします。
management.uninstallSelf()
この関数を呼び出したアドオン自身をアンインストールします。
management.getPermissionWarningsById()
指定したIDのアドオンのパーミッション警告一覧を取得します。
management.getPermissionWarningsByManifest()
指定したマニフェストストリングに対して表示されるパーミッション警告一覧を取得します。
management.setEnabled()
指定したIDのアドオンを有効化・無効化します。

イベント

management.onInstalled
アドオンがインストールされた時に発火します。
management.onUninstalled
アドオンがアンインストールされた時に発火します。
management.onEnabled
アドオンが有効化された時に発火します。
management.onDisabled
アドオンが無効化された時に発火します。

ブラウザ実装状況

ChromeEdgeFirefoxFirefox for AndroidOpera
ExtensionInfo あり なし5151 あり
get あり なし5656 あり
getAll あり なし55 *55 * あり
getPermissionWarningsById あり なし なし なし あり
getPermissionWarningsByManifest あり なし なし なし あり
getSelf あり なし5151 なし
onDisabled あり なし なし なし あり
onEnabled あり なし なし なし あり
onInstalled あり なし なし なし あり
onUninstalled あり なし なし なし あり
setEnabled あり なし55 *55 * あり
uninstall あり なし なし なし あり
uninstallSelf あり なし5151 あり

Example extensions

Acknowledgements

このAPIはChromiumのchrome.management APIに基づいています。この文書はChromium codeのmanagement.jsonから派生しています。

Microsoft Edge compatibility data is supplied by Microsoft Corporation and is included here under the Creative Commons Attribution 3.0 United States License.

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: takubokudori, Uemmra3
最終更新者: takubokudori,