拡張機能にオプションページが定義されている場合、このメソッドはそれを開きます。
 

これは Promise を返す非同期関数です。

構文

var openingPage = browser.runtime.openOptionsPage()

パラメータ

なし。

返り値

オプションページの作成が成功した時は、引数のない Promise で、操作が失敗した場合はエラーメッセージつきの rejected が返ります。

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxOperaAndroid 版 Firefox
基本対応Chrome 完全対応 42Edge 未対応 なしFirefox 完全対応 48Opera 完全対応 29Firefox Android 完全対応 57

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

ユーザーがブラウザーアクションのアイコンをクリックした時にオプションページを返します:

function onOpened() {
  console.log(`Options page opened`);
}

function onError(error) {
  console.log(`Error: ${error}`);
}

var opening = browser.runtime.openOptionsPage();
opening.then(onOpened, onError);

Example extensions

Acknowledgements

This API is based on Chromium's chrome.runtime API. This documentation is derived from runtime.json in the Chromium code.

Microsoft Edge compatibility data is supplied by Microsoft Corporation and is included here under the Creative Commons Attribution 3.0 United States License.

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3
最終更新者: Uemmra3,