Uint32Array() コンストラクター

Uint32Array() は型付き配列のコンストラクターで、プラットフォームのバイト順による 32 ビット符号なし整数値の配列を生成します。バイト順の制御が必要な場合は、代わりに DataView を使用してください。中身は 0 で初期化されます。生成されると、配列の中の要素はオブジェクトのメソッドを使用するか、配列の標準的な添字の構文を使用するか (すなわち、ブラケット構文を使用するか) して参照することができます。

構文

new Uint32Array(); // new in ES2017
new Uint32Array(length);
new Uint32Array(typedArray);
new Uint32Array(object);
new Uint32Array(buffer [, byteOffset [, length]]);

引数

length
length 引数付きで呼び出されると、メモリ内に内部的な配列バッファーを作成し、大きさは lengthBYTES_PER_ELEMENT で乗じたバイト数になり、ゼロになることもあります。
typedArray
typedArray 引数付きで呼び出されると、これはあらゆる型付き配列型 (例えば Int32Array) にすることができますが、 typedArray を新しい型付き配列にコピーします。 typedArray の中のそれぞれの値は、新しい配列にコピーされる前にコンストラクターの対応する型に変換されます。新しい型付き配列の長さは typedArray 引数の長さと同じになります。
object
object 引数付きで呼び出されると、あたかも TypedArray.from() メソッドであるかのように新しい型付き配列が生成されます。
buffer, byteOffset, length
buffer と、オプションで byteOffsetlength 引数を指定して呼び出されると、指定された ArrayBuffer を表示する型付き配列ビューが生成されます。 byteOffset および length 引数は、型付き配列ビューが表示するメモリ範囲を指定する。 両方を省略した場合は buffer の全てを表示し、 length のみを省略した場合は buffer の残りを表示します。

様々な方法による Uint32Array の生成

// 長さを指定
var uint32 = new Uint32Array(2);
uint32[0] = 42;
console.log(uint32[0]); // 42
console.log(uint32.length); // 2
console.log(uint32.BYTES_PER_ELEMENT); // 4

// 配列から
var arr = new Uint32Array([21,31]);
console.log(arr[1]); // 31

// 他の型付き配列から
var x = new Uint32Array([21, 31]);
var y = new Uint32Array(x);
console.log(y[0]); // 21

// ArrayBuffer から
var buffer = new ArrayBuffer(16);
var z = new Uint32Array(buffer, 0, 4);

// 反復可能オブジェクトから
var iterable = function*(){ yield* [1,2,3]; }();
var uint32 = new Uint32Array(iterable);
// Uint32Array[1, 2, 3]

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
TypedArray constructors の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

互換性メモ

ECMAScript 2015 から、 Uint32Array コンストラクターは構築に new 演算子が必要になりました。 Uint32Array コンストラクターを new なしで関数として呼び出すと、 TypeError が発生するようになりました。

var dv = Uint32Array([1, 2, 3]);
// TypeError: calling a builtin Uint32Array constructor
// without new is forbidden
var dv = new Uint32Array([1, 2, 3]);

関連情報