Intl.Locale.prototype.numberingSystem

Intl.Locale.prototype.numberingSystem プロパティは、ロケールが使用する命数法を返すアクセサープロパティです。

解説

命数法とは、数値を表現するための体系のことです。 numberingSystem プロパティは、世界中のさまざまな国、地域、文化で使用されているさまざまな命数法を表現する支援をします。ほとんどの国際化スキーマと同様に、 Locale オブジェクトで numberingSystem によって表現できる命数法は、 Unicode で標準化されています。標準的な Unicode の命数法の表を以下に示します。

説明
adlm Adlam digits
ahom Ahom digits
arab アラビア・インド数字
arabext 拡張アラビア・インド数字
armn 大文字のアルメニア数字 — アルゴリズム
armnlow 小文字のアルメニア数字 — アルゴリズム
bali Balinese digits
beng Bengali digits
bhks Bhaiksuki digits
brah Brahmi digits
cakm Chakma digits
cham Cham digits
cyrl キリル数字 — アルゴリズム
deva Devanagari digits
ethi エチオピア数字 — アルゴリズム
finance 金融数字 — アルゴリズムの場合あり
fullwide 全角数字
geor ジョージア数字 — アルゴリズム
gong Gunjala Gondi digits
gonm Masaram Gondi digits
grek 大文字のギリシャ数字 — アルゴリズム
greklow 小文字のギリシャ数字 — アルゴリズム
gujr Gujarati digits
guru Gurmukhi digits
hanidays 太陰暦またはその他の旧暦向けの漢字による日付の数字
hanidec 漢字を数字として使用した命数法
hans 簡体字の漢数字 — アルゴリズム
hansfin 簡体字の金融用漢数字 — アルゴリズム
hant 繁体字の漢数字 — アルゴリズム
hantfin 繁体字の金融用漢数字 — アルゴリズム
hebr ヘブライ数字 — アルゴリズム
hmng Pahawh Hmong digits
hmnp Nyiakeng Puachue Hmong digits
java Javanese digits
jpan 日本語の漢数字 — アルゴリズム
jpanfin 日本語の金融用漢数字 — アルゴリズム
jpanyear 日本語の元号用漢数字 (元年表記に対応)
kali Kayah Li digits
khmr Khmer digits
knda Kannada digits
lana Tai Tham Hora (secular) digits
lanatham Tai Tham Tham (ecclesiastical) digits
laoo Lao digits
latn ラテン数字
lepc Lepcha digits
limb Limbu digits
mathbold 数学的太数字
mathdbl 数学的黒板太数字
mathmono 数学的等幅数字
mathsanb 数学的サンセリフ太数字
mathsans 数学的サンセリフ数字
mlym Malayalam digits
modi Modi digits
mong Mongolian digits
mroo Mro digits
mtei Meetei Mayek digits
mymr Myanmar digits
mymrshan Myanmar Shan digits
mymrtlng Myanmar Tai Laing digits
native ネイティブの数字
newa Newa digits
nkoo N'Ko digits
olck Ol Chiki digits
orya Oriya digits
osma Osmanya digits
rohg Hanifi Rohingya digits
roman 大文字のローマ数字 — アルゴリズム
romanlow 小文字のローマ数字 — アルゴリズム
saur Saurashtra digits
shrd Sharada digits
sind Khudawadi digits
sinh Sinhala Lith digits
sora Sora_Sompeng digits
sund Sundanese digits
takr Takri digits
talu New Tai Lue digits
taml タミル数字 — アルゴリズム
tamldec Modern Tamil decimal digits
telu Telugu digits
thai Thai digits
tirh Tirhuta digits
tibt Tibetan digits
traditio 伝統的な数字 — アルゴリズムの場合あり
vaii Vai digits
wara Warang Citi digits
wcho Wancho digits

ロケール文字列から numberingSystem の値を設定

Unicode ロケール文字列仕様書では、 numberingSystem が表す値はキー nu に対応しています。 nu はロケール文字列の「拡張サブタグ」とみなされます。これらのサブタグは、ロケールに関する追加データを追加するもので、拡張キー -u を使用してロケール識別子に追加されます。このようして、 numberingSystem の値を Locale コンストラクターに渡される初期のロケール識別子文字列に追加することができます。 numeric の値を設定するには、まず文字列に -u 拡張キーを追加します。次に、 -nu 拡張キーを追加して、 numberingSystem の値を追加していることを示します。最後に、文字列に numberingSystem の値を追加します。

let numberingSystemViaStr = new Intl.Locale("fr-Latn-FR-u-nu-mong");
console.log(numberingSystemStr.numberingSystem); // "mong" と表示

構成オブジェクト引数から numberingSystem の値を設定

Intl.Locale コンストラクターには、オプションで構成オブジェクトの引数があり、これを使用して拡張の種類を渡すことができます。構成オブジェクトの numberingSystem プロパティを任意の numberingSystem に設定し、コンストラクターに渡します。

let numberingSystemViaObj= new Intl.Locale("en-Latn-US", {numberingSystem: "latn"});
console.log(us12hour.numberingSystem); // "latn" と表示

仕様書

仕様書
ECMAScript Internationalization API (ECMA-402)

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報