Intl.Locale.prototype.caseFirst

Intl.Locale.prototype.caseFirst プロパティは、ロケールの照合規則に大文字・小文字を考慮するかどうかを返すアクセサプロパティです。

解説

ロケールの照合規則は、そのロケールでの文字列の並び順を決定するために用いられます。ロケールによっては、照合処理で文字の大文字・小文字を使用する場合があります。この追加ルールは、 LocalecaseFirst プロパティで表現することができます。

caseFirst プロパティには下記の表にある通り、3種類の値を指定することができます。

caseFirst の値

説明
upper 大文字は小文字よりも前に並べられます。
lower 小文字は大文字よりも前に並べられます。
false 大文字・小文字で特別な並べ替えはしません。

ロケール文字列による caseFirst 値の設定

Unicode ロケール文字列仕様書では、 caseFirst が表す値は kf キーに対応します。 kf はロケール文字列の「拡張子サブタグ」として扱われます。これらのサブタグは、ロケールに関するデータを追加するもので、 -u 拡張を使用してロケール識別子に追加されます。つまり、 caseFirst の値は、 Locale コンストラクターに渡される初期のロケール識別子文字列に追加することができます。 caseFirst の値を追加するには、まず文字列に -u 拡張キーを追加します。次に、照合順序の型を追加することを示すために -kf 拡張キーを追加します。最後に、 caseFirst の値を文字列に追加します。

let caseFirstStr = new Intl.Locale("fr-Latn-FR-u-kf-upper");
console.log(caseFirstStr.caseFirst); // "upper" と表示

構成オブジェクト引数による caseFirst の値の設定

Intl.Locale コンストラクターには、オプションで構成オブジェクトの引数があり、拡張の種類を渡すために使用することができます。構成オブジェクトの caseFirst プロパティを望みの caseFirst の値に設定し、コンストラクターに渡します。

let caseFirstObj= new Intl.Locale("en-Latn-US", {caseFirst: "lower"});
console.log(us12hour.caseFirst); // "lower" と表示

仕様書

仕様書
ECMAScript Internationalization API (ECMA-402)

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報