Intl.Locale.prototype.minimize()

Intl.Locale.prototype.minimize() メソッドは、 Locale.maximize() を呼び出したことで追加されるロケールに関する情報を削除しようとします。

構文

locale.minimize()

返値

Locale インスタンスで、 baseName プロパティが、 Remove Likely Subtags アルゴリズムが locale.baseName に対して実行された結果になったものを返します。

解説

このメソッドは maximize() の逆の処理を行い、ロケールの言語識別子 (基本的には baseName の内容) から言語、文字体系、地域のサブタグをすべて削除します。これは、言語識別子の中に余分なサブタグがある場合に便利です。例えば "en-Latn" は "en" に簡略化できます。英語では "Latn" が書き言葉に使われる唯一の文字体系だからです。 minimize() が影響を与えるのは、言語識別子を構成する主要なサブタグである言語、文字体系、地域の各サブタグのみです。ロケール識別子の "-u" の後にあるその他のサブタグは拡張サブタグと呼ばれ、 minimize() メソッドの影響を受けません。これらのサブタグの例としては、 Locale.hourCycle, Locale.calendar, Locale.numeric などがあります。

let myLocale = new Intl.Locale("ja-Jpan-JP", {hourCycle: "h24", calendar: "gregory"});
console.log(myLocale.baseName); // "ja-Jpan-JP" と表示
console.log(myLocale.toString()); // "ja-Jpan-JP-u-ca-gregory-hc-h24" と表示

let myLocMinimized = myLocale.minimize();

// "ja" のみを表示します。日本語は主に漢字かな交じり文 (Jpan) で
// 表記され、またほとんど日本で話されているためです。
console.log(myLocMinimized.baseName); 

// "ja-u-ca-gregory-hc-h24" と表示します。
// なお、拡張タグ ("-u" 以降) はそのまま残ります。
console.log(myLocMinimized.toString());

仕様書

仕様書
ECMAScript Internationalization API (ECMA-402)

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
minimizeChrome 完全対応 74Edge 完全対応 79Firefox 完全対応 75IE 未対応 なしOpera 完全対応 62Safari 未対応 なしWebView Android 完全対応 74Chrome Android 完全対応 74Firefox Android 未対応 なしOpera Android 完全対応 53Safari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 完全対応 11.0nodejs 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報