Intl.Locale.prototype.baseName

Intl.Locale.prototype.baseName プロパティは、 Locale の文字列表現の部分文字列を返し、そこには Locale についての中核情報が含まれています。

解説

Intl.Locale オブジェクトは、解析されたロケールとそのロケールのオプションを表します。 baseName プロパティは、ロケールに関する基本的な情報を、完全なデータ文字列の部分文字列の形で返します。具体的には、このプロパティは言語を含む部分文字列を返し、文字体系や地域があればそれも返します。

baseName言語 ["-" 文字体系] ["-" 地域] *("-" variant) の形で unicode_language_id grammar の部分文字列を返します。

基本的な例

let myLoc = new Intl.Locale("fr-Latn-CA"); // ロケールをカナダのフランス語に設定
console.log(myLoc.toString()); // "fr-Latn-CA-u-ca-gregory" と表示
console.log(myLoc.baseName); // "fr-Latn-CA" と表示

入力文字列のオプション付きの例

// 言語を日本語、地域を日本に設定する。

// カレンダーをグレゴリオ暦、時制を24時制にする
let japan = new Intl.Locale("ja-JP-u-ca-gregory-hc-24");
console.log(japan.toString()); // "ja-JP-u-ca-gregory-hc-h24" と表示
console.log(japan.baseName); // "ja-JP" と表示

入力文字列を上書きするオプション付きの例

// 入力文字列は言語がオランダ語、地域がベルギーであることを示していますが、

// ただし、オプションオブジェクトで地域を上書きしており、オランダに設定しています
let dutch = new Intl.Locale("nl-Latn-BE", {region: "NL"});

console.log(dutch.baseName); // "nl-Latn-NL" と表示

仕様書

仕様書
ECMAScript Internationalization API (ECMA-402)

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
baseNameChrome 完全対応 74Edge 完全対応 79Firefox 完全対応 75IE 未対応 なしOpera 完全対応 62Safari 未対応 なしWebView Android 完全対応 74Chrome Android 完全対応 74Firefox Android 未対応 なしOpera Android 完全対応 53Safari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 完全対応 11.0nodejs 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報