Intl.Locale.prototype.toString()

Intl.Locale.prototype.toString() は、このロケールの完全なロケール識別子文字列を返します。

構文

locale.toString()

返値

このロケールの Unicode ロケール識別子文字列です。

解説

Locale オブジェクトは、概念的な Unicode ロケール識別子を JavaScript で表現したものです。特定のロケールに関する情報 (言語、文字体系、カレンダーの種類など) を、ロケール識別子文字列で符号化することができます。これらのロケール識別子をより簡単に扱えるようにするために、 Locale オブジェクトが JavaScript に導入されました。 Locale オブジェクトの toString メソッドをコールすると、そのロケールの識別子文字列を返します。 toString メソッドを使用すると、 Locale のインスタンスが既存の Intl のコンストラクターへの引数ととして JSON におけるシリアライズにおいて、またはその他のコンテキストで正確な文字列表現が有用な場合に提供することができます。

let myLocale = new Intl.Locale("ja-Jpan-JP", {hourCycle: "h24", calendar: "gregory"});
console.log(myLocale.baseName); // "ja-Jpan-JP" と表示
console.log(myLocale.toString()); // "ja-Jpan-JP-u-ca-gregory-hc-h24" と表示

仕様書

仕様書
ECMAScript Internationalization API (ECMA-402)

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
toStringChrome 完全対応 74Edge 完全対応 79Firefox 完全対応 75IE 未対応 なしOpera 完全対応 62Safari 未対応 なしWebView Android 完全対応 74Chrome Android 完全対応 74Firefox Android 未対応 なしOpera Android 完全対応 53Safari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 完全対応 11.0nodejs 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報