Date.prototype.toSource()

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されている Web サイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

toSource() メソッドは、オブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。

構文

dateObj.toSource()
Date.toSource()

戻り値

与えられた Date オブジェクトのソースコードを表す文字列。

説明

toSource() メソッドは、次の値を返します:

  • 組み込まれた Date オブジェクトについて、toSource() は、ソースコードが利用できないことを示す次の文字列を返します:
    function Date() {
        [native code]
    }
    
  • Date のインスタンスについて、toSource() は、ソースコードを表す文字列を返します。

このメソッドは、JavaScript によって内部的に呼ばれ、コード内で明示的に呼ばれることはありません。

仕様

仕様の一部ではありません。JavaScript 1.3 で実装。

ブラウザの実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート ? (有) ? ? ?
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? ? (有) ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf, shide55
 最終更新者: Marsf,