Date.prototype.toSource()

廃止
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

toSource() メソッドは、オブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。

構文

dateObj.toSource()
Date.toSource()

返値

与えられた Date オブジェクトのソースコードを表す文字列。

ネイティブ関数

組み込まれた Date オブジェクトについて、toSource() は、ソースコードが利用できないことを示す次の文字列を返します。

function Date() {
    [native code]
}

仕様書

仕様の一部ではありません。

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
toSource
非標準
Chrome 未対応 なしEdge 未対応 なしFirefox 未対応 1 — 74
補足
未対応 1 — 74
補足
補足 Starting in Firefox 74, toSource() is no longer available for use by web content. It is still allowed for internal and privileged code.
IE 未対応 なしOpera 未対応 なしSafari 未対応 なしWebView Android 未対応 なしChrome Android 未対応 なしFirefox Android 完全対応 4Opera Android 未対応 なしSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 未対応 なしnodejs 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

関連情報