Date.prototype.toSource()

廃止: この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

toSource() メソッドは、オブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。

構文

dateObj.toSource()
Date.toSource()

返値

与えられた Date オブジェクトのソースコードを表す文字列。

ネイティブ関数

組み込まれた Date オブジェクトについて、toSource() は、ソースコードが利用できないことを示す次の文字列を返します。

function Date() {
    [native code]
}

仕様書

仕様の一部ではありません。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報