ReferenceError() コンストラクター

ReferenceError オブジェクトは、存在しない変数が参照されたときのエラーを表します。

構文

new ReferenceError([message[, fileName[, lineNumber]]])

引数

message Optional
人間が読むためのエラーの説明です。
fileName Optional
例外が発生したコードを含むファイルの名前です。
lineNumber Optional
例外が発生したコードの行番号です。

ReferenceError の捕捉

try {
  let a = undefinedVariable
} catch (e) {
  console.log(e instanceof ReferenceError)  // true
  console.log(e.message)                    // "undefinedVariable is not defined"
  console.log(e.name)                       // "ReferenceError"
  console.log(e.fileName)                   // "Scratchpad/1"
  console.log(e.lineNumber)                 // 2
  console.log(e.columnNumber)               // 6
  console.log(e.stack)                      // "@Scratchpad/2:2:7\n"
}

ReferenceError の生成

try {
  throw new ReferenceError('Hello', 'someFile.js', 10)
} catch (e) {
  console.log(e instanceof ReferenceError)  // true
  console.log(e.message)                    // "Hello"
  console.log(e.name)                       // "ReferenceError"
  console.log(e.fileName)                   // "someFile.js"
  console.log(e.lineNumber)                 // 10
  console.log(e.columnNumber)               // 0
  console.log(e.stack)                      // "@Scratchpad/2:2:9\n"
}

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
NativeError constructor の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
ReferenceError() constructorChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 5.5Opera 完全対応 5Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報