ReferenceError() コンストラクター

ReferenceError オブジェクトは、存在しない変数が参照されたときのエラーを表します。

構文

new ReferenceError([message[, fileName[, lineNumber]]])

引数

message 省略可
人間が読むためのエラーの説明です。
fileName 省略可
例外が発生したコードを含むファイルの名前です。
lineNumber 省略可
例外が発生したコードの行番号です。

ReferenceError の捕捉

try {
  let a = undefinedVariable
} catch (e) {
  console.log(e instanceof ReferenceError)  // true
  console.log(e.message)                    // "undefinedVariable is not defined"
  console.log(e.name)                       // "ReferenceError"
  console.log(e.fileName)                   // "Scratchpad/1"
  console.log(e.lineNumber)                 // 2
  console.log(e.columnNumber)               // 6
  console.log(e.stack)                      // "@Scratchpad/2:2:7\n"
}

ReferenceError の生成

try {
  throw new ReferenceError('Hello', 'someFile.js', 10)
} catch (e) {
  console.log(e instanceof ReferenceError)  // true
  console.log(e.message)                    // "Hello"
  console.log(e.name)                       // "ReferenceError"
  console.log(e.fileName)                   // "someFile.js"
  console.log(e.lineNumber)                 // 10
  console.log(e.columnNumber)               // 0
  console.log(e.stack)                      // "@Scratchpad/2:2:9\n"
}

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
NativeError constructor の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報