Error() コンストラクター

Error コンストラクターは、エラーオブジェクトを生成します。

構文

new Error([message[, fileName[, lineNumber]]])

引数

message省略可
人間が読めるエラーの説明。
fileName 省略可 この API は標準化されていません。
生成された Error オブジェクト上の fileName プロパティに設定される値。既定では、Error() コンストラクターを呼び出したコードを含むファイルの名前です。
lineNumber 省略可 この API は標準化されていません。
生成された Error オブジェクト上の lineNumber プロパティに設定される値。既定では、Error() コンストラクターの呼び出しを含む行番号。

関数呼び出しか new による構築か

Error が関数のように使用された場合 -- new がなかった場合、 Error オブジェクトを返します。したがって、 Error を呼び出すだけで Error オブジェクトを new キーワードから構築した場合と同じものを出力します。

// これは...
const x = Error('関数呼び出しによって生成されました。')

​​​​// ...これと同じ機能です。
const y = new Error('"new" キーワードによって生成されました。')

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報