BigInt64Array() コンストラクター

BigInt64Array() は型付き配列のコンストラクターで、新しい BigInt64Array オブジェクト、すなわち64ビット符号付き整数の配列をプラットフォームのバイトオーダーで生成します。バイトオーダーを制御する必要がある場合は、代わりに DataView を使用してください。中身は 0n で初期化されます。生成後は、オブジェクトのメソッドや、標準の配列の添字構文 (すなわち角括弧表記) を用いて配列の要素を参照することができます。

構文

new BigInt64Array();
new BigInt64Array(length);
new BigInt64Array(typedArray);
new BigInt64Array(object);
new BigInt64Array(buffer [, byteOffset [, length]]);

引数

length
length 引数付きで呼び出された場合、 lengthBYTES_PER_ELEMENT バイトで掛けた大きさで、内部の配列バッファーがメモリ内に生成され、内容がゼロになります。
typedArray
typedArray 引数は任意の型付き配列 (Int32Array など) で、 typedArray を付けて呼び出された場合、その内容が新しい型付き配列に複写されます。 typedArray に含まれるそれぞれの値は、新しい配列にコピーされる前に、このコンストラクターに対応する型に変換されます。新しい型付き配列の長さは、 typedArray 引数の長さと同じになります。
object
object 引数付きで呼び出された場合、新しい型付き配列は TypedArray.from() メソッドのようにして生成されます。
buffer, byteOffset, length
buffer 引数と、任意で byteOffset および length 引数をつけて呼び出された場合、新しい型付き配列のビューが作成され、そのビューが指定された ArrayBuffer となります。 byteOffset および length 引数は、型付き配列のビューで公開するメモリの範囲を指定します。両方が省略された場合は、 buffer 全体がビューとなり、 length のみが省略された場合は、 buffer の残りがビューとなります。

BigInt64Array を生成するための様々な方法

// From a length
var bigint64 = new BigInt64Array(2);
bigint64[0] = 42n;
console.log(bigint64[0]); // 42n
console.log(bigint64.length); // 2
console.log(bigint64.BYTES_PER_ELEMENT); // 8

// From an array
var arr = new BigInt64Array([21n,31n]);
console.log(arr[1]); // 31n

// From another TypedArray
var x = new BigInt64Array([21n, 31n]);
var y = new BigInt64Array(x);
console.log(y[0]); // 21n

// From an ArrayBuffer
var buffer = new ArrayBuffer(32);
var z = new BigInt64Array(buffer, 0, 4);

// From an iterable
var iterable = function*(){ yield* [1n, 2n, 3n]; }();
var bigint64 = new BigInt64Array(iterable);
// BigInt64Array[1n, 2n, 3n]

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
BigInt64Array の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報