Node.removeChild

概要

removeChild は DOM から子ノードを取り除きます。

構文

oldChild = element.removeChild(child) 
  • child は DOM から取り除く、子ノードです。
  • elementchild の親ノードです。
  • oldChild は 取り除かれた子ノードへの参照を保持します。oldChildchild は等価です。

取り除かれた子ノードはしばらくは記憶領域上に残りますが、もう DOM の一部ではありません。取り除いたノードは、oldChild オブジェクト参照を通じて、コード中で後で再利用することができます。

child が実際には element ノードの子でない場合、このメソッドは例外を発生します。

<!-- 対象とする HTML のコード -->

<div id="top" align="center">
  <div id="nested"></div>
</div>
// 親ノードから指定した子要素を除去
var d = document.getElementById("top");
var d_nested = document.getElementById("nested");
var throwawayNode = d.removeChild(d_nested);
// 親要素が不明、不定の場合の方法
var node = document.getElementById("nested");

if (node.parentNode) {
  node.parentNode.removeChild(node);
}
// 要素の全ての子を除去
var element = document.getElementById("top");

while (element.firstChild) {
  element.removeChild(element.firstChild);
}

仕様書

関連情報

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Ryotakano, ethertank
最終更新者: ethertank,