Node.ownerDocument

概要

ownerDocument プロパティは、指定ノードを内包するノードツリーのトップレベルのドキュメントオブジェクトを返します。

構文

document = element.ownerDocument
  • document : 指定要素の祖先である document オブジェクト

var doc = p.ownerDocument; // ノード p のノードツリー上のトップレベル document オブジェクトを取得
var html = doc.documentElement; // owner のドキュメント要素を取得

alert(html); // [object HTMLHtmlElement]

注記

このプロパティによって返される document オブジェクトは、実際の HTML 文書中ですべての子ノードの属するメインオブジェクトです。document ノード自身に対しこのプロパティを用いた場合、戻り値は null となります。

仕様

Specification Status Comment
DOM4
Node.ownerDocument の定義
草案  
Document Object Model (DOM) Level 3 Core Specification
Node.ownerDocument の定義
勧告 No change
Document Object Model (DOM) Level 2 Core Specification
Node.ownerDocument の定義
勧告 Initial definition

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート ? ? ? ? ?
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? ? ? ? ?

[1] Starting in Gecko 9.0 (Firefox 9.0 / Thunderbird 9.0 / SeaMonkey 2.6), the ownerDocument of doctype nodes (that is, nodes for which Node.nodeType is Node.DOCUMENT_TYPE_NODE or 10) is no longer null. Instead, the ownerDocument is the document on which document.implementation.createDocumentType() was called.

[2] http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ie/ms534315(v=vs.85).aspx

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: lv7777, fscholz, AshfaqHossain, ethertank, Kohei
 最終更新者: lv7777,