mozilla

Node.normalize

概要

指定ノードの空のノードを削除し、隣接するテキストノードをひとつに纏め、文書を「正規化 (normalize)」します。

構文

element.normalize();

var wrapper = document.createElement("div");

wrapper.appendChild( document.createTextNode("Part 1 ") );
wrapper.appendChild( document.createTextNode("Part 2 ") );

// wrapper.childNodes[0].textContent === "Part 1 "
// wrapper.childNodes[1].textContent === "Part 2 "
// この時点で、wrapper の 子ノード数は 2 です。 wrapper.childNodes.length === 2

wrapper.normalize(); // 正規化

// 正規化後の wrapper の子ノード数は 1 となっています。 wrapper.childNodes.length === 1
// 挿入処理の為に冗長化したノードはひとつに纏められています。 wrapper.childNodes[0].textContent === "Part 1 Part 2"

仕様書

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: fscholz, jsx, ethertank
最終更新者: jsx,