Node.childNodes

概要

childNodes は 与えられた要素の子ノードの collection を返します。

書式と値

var ndList = elementNodeReference.childNodes; 

ndList は現在の要素の子の、順序付けられたノードオブジェクトのコレクションです。もし要素が子を持たなければ、 ndList にはノードがありません。

ndList は childNodes のノードリストを保持する変数です。このようなリストは NodeList 型です。 childNodes 属性は読取専用です。

// parg は <p> 要素を参照するオブジェクト
if (parg.hasChildNodes())
// まずオブジェクトが空でないかチェックし、もしオブジェクトに子ノードがあったら
 {
   var children = parg.childNodes;
   for (var i = 0; i < children.length; i++) 
   {
   // それぞれの子ノード children[i] に対して処理を行う
   // 注: リストは生きているので、子ノードを追加や削除するとリストは変化する
 };
// これはノードから全ての子を除く方法の一つです。
// box は子をもつ要素を参照するオブジェクトです。
while (box.firstChild) 
 {
    //リストは「生きている」ので、呼び出すたびに再インデックスされます。
    box.removeChild(box.firstChild);
 };

注記

ノードのコレクション内のアイテムはオブジェクトであり文字列ではありません。これらのノードオブジェクトからデータを取得するには、それらのプロパティを使わなければなりません。 (例えば、name を取得するには elementNodeReference.childNodes[1].nodeName など。)。

document オブジェクト自身は、DOCTYPE 宣言と、一般的に documentElement として参照されるルート要素 ((X)HTML ドキュメントでは、HTML 要素です) という 2 つの子を持ちます。

仕様

参照

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: fscholz, khalid32, siokoshou, ethertank, Shoot, Marsf, Mgjbot, Hfjapancom
最終更新者: khalid32,