Node.isDefaultNamespace()

isDefaultNamespace()Node インターフェイスのメソッドで、名前空間 URI を引数として受け取ります。 その名前空間がこのノードの既定の名前空間である場合は true を返し、そうでない場合は false を返します。

Note: 既定の名前空間は、 HTML 要素では常に "" です。 SVG 要素では、 xmlns 属性で設定されます。

構文

isDefaultNamespace(namespaceURI);

引数

namespaceURI

要素の検査対象となる名前空間を表す文字列です。

Note: namespaceURI は省略可能ではありませんが、 null に設定することはできます。

返値

true または false の値を持つ論理値で、引数が既定の名前空間であるかどうかを示します。

"" が &lt;output&gt; の既定の名前空間であるか: <output>未検査</output><br/>
"http://www.w3.org/2000/svg" が &lt;output&gt; の既定の名前空間であるか: <output>未検査</output><br/>
"" が &lt;svg&gt; の既定の名前空間であるか: <output>未検査</output><br/>
"http://www.w3.org/2000/svg" が &lt;svg&gt; の既定の名前空間であるか: <output>未検査</output><br/>
<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" height="1"></svg>
<button>結果を見るにはクリック</button>
const button = document.getElementsByTagName('button')[0];
button.addEventListener("click", function () {
  const aHtmlElt = document.getElementsByTagName('output')[0];
  const aSvgElt = document.getElementsByTagName('svg')[0];

  const result = document.getElementsByTagName('output');
  result[0].value = aHtmlElt.isDefaultNamespace(""); // true
  result[1].value = aHtmlElt.isDefaultNamespace("http://www.w3.org/2000/svg"); // false
  result[2].value = aSvgElt.isDefaultNamespace(""); // true
  result[3].value = aSvgElt.isDefaultNamespace("http://www.w3.org/2000/svg"); // false
});

仕様書

Specification
DOM Standard
# dom-node-isdefaultnamespace

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報