i18n.detectLanguage()

提供されたテキストの言語を Compact Language Detector (CLD) を利用して検出します。

これは、Promise を返す非同期関数です。

構文

var detectingLanguages = browser.i18n.detectLanguage(
  text                  // string
)

引数

text
文字列。翻訳されるユーザー入力の文字列です。

戻り値

結果オブジェクトで解決される Promise。結果オブジェクトは 2 個のプロパティを持ちます:

isReliable
真偽値。検出された言語が確かかどうかを示します。
languages
オブジェクトの 配列。配列の各項目はさらに 2 個のプロパティを持ちます:
language
i18n.LanguageCode。検出された言語です。
percentage
整数値。検出された言語で入力された文字列の割り合い。

ブラウザーの実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxOperaAndroid 版 Firefox
基本対応Chrome 完全対応 47Edge 未対応 なしFirefox 完全対応 47Opera 完全対応 34Firefox Android 完全対応 48

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

function onLanguageDetected(langInfo) {
  for (lang of  langInfo.languages) {
    console.log("Language is: " + lang.language);
    console.log("Percentage is: " + lang.percentage);
  }
}

var text = "L'homme est né libre, et partout il est dans les fers."

var detecting = browser.i18n.detectLanguage(text);
detecting.then(onLanguageDetected);

謝辞

この API は、Chromium の chrome.i18n API を基にしています。このドキュメンテーションは、Chromium コード内の i18n.json に由来しています。

Microsoft Edge 互換性データは、Microsoft Corporation より供給され、Creative Commons Attribution 3.0 United States License の下で含まれています。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Marsf
最終更新者: Marsf,