i18n.getAcceptLanguages()

ブラウザーの accept-languages を取得します。これは、ブラウザーに使用されているロケールとは異なります。ロケールを取得するには、i18n.getUILanguage を使用してください。

これは、Promise を返す非同期関数です。

構文

var gettingAcceptLanguages = browser.i18n.getAcceptLanguages()

引数

なし。

戻り値

i18n.LanguageCode オブジェクトの 配列 で処理が完了した Promise

ブラウザーの実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxOperaAndroid 版 Firefox
基本対応Chrome 完全対応 47Edge 完全対応 14Firefox 完全対応 47Opera 完全対応 34Firefox Android 完全対応 48

凡例

完全対応  
完全対応

function onGot(languages) {
  console.log(languages);
  //e.g. Array [ "en-US", "en" ]
}

var gettingAcceptLanguages = browser.i18n.getAcceptLanguages();
gettingAcceptLanguages.then(onGot);

 

謝辞

この API は、Chromium の chrome.i18n API を基にしています。このドキュメンテーションは、Chromium コード内の i18n.json に由来しています。

Microsoft Edge 互換性データは、Microsoft Corporation より供給され、Creative Commons Attribution 3.0 United States License の下で含まれています。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Marsf
最終更新者: Marsf,