i18n.getMessage()

指定したメッセージのローカライズされた文字列を取得します。

構文

browser.i18n.getMessage(
  messageName,  // 文字列
  substitutions // 任意
)

引数

messageName
文字列。messages.json で指定されたメッセージ名です。messages.json 内にメッセージを見つけられない場合は:
  • Firefox は "" を返し、エラーログを出力します。
  • Chrome は "" を返し、エラーログを出力しません。
substitutions省略可
文字列 または 文字列配列。単一の置換文字列、または置換文字列の配列です。
Chrome では、9 個より多くの置換文字列を与えると、getMessage()undefined を返します。

戻り値

文字列。現在のロケール向けにローカライズされたメッセージ。

ブラウザーの実装状況

BCD tables only load in the browser

target.url を置換文字列として渡し、"messageContent" のローカライズされた文字列を取得します:

var message = browser.i18n.getMessage("messageContent", target.url);
console.log(message);

これは、_locales/en/messages.json ファイルに含まれた次の内容で動作します:

{
  "messageContent": {
    "message": "You clicked $URL$.",
    "description": "Tells the user which link they clicked.",
    "placeholders": {
      "url" : {
        "content" : "$1",
        "example" : "https://developer.mozilla.org"
      }
    }
  }
}

target.url が "https://developer.mozilla.org" である場合、"en" ロケールでのメッセージの値は次のようになります:

"You clicked https://developer.mozilla.org."

Example extensions

謝辞

この API は、Chromium の chrome.i18n API を基にしています。このドキュメンテーションは、Chromium コード内の i18n.json に由来しています。

Microsoft Edge 互換性データは、Microsoft Corporation より供給され、Creative Commons Attribution 3.0 United States License の下で含まれています。