拡張機能を国際化する関数です。これらの API は、拡張機能に同梱したロケールファイルからローカライズ文字列を取得したり、ブラウザーの現在の言語や、その Accept-Language ヘッダー を調べるために使用します。

拡張機能で i18n を使用するための詳細は、以下の記事を参照してください:

  • Internationalization: WebExtension の i18n システムを使うためのガイド。
  • ロケール固有のメッセージ参照: 拡張機能が messages.json と呼ばれるファイルで供給するロケール固有の文字列。このページは、messages.json の書式について書かれています。

i18n.LanguageCode
"en-US" や "fr" などの 言語タグ

関数

i18n.getAcceptLanguages()
ブラウザーの accept-languages を取得します。これは、ブラウザーに使用されているロケールとは異なります。ロケールを取得するには、i18n.getUILanguage を使用してください。
i18n.getMessage()
指定したメッセージのローカライズ文字列を取得します。
i18n.getUILanguage()
ブラウザーの UI 言語を取得します。これは、優先されるユーザー言語を返す i18n.getAcceptLanguages とは異なります。
i18n.detectLanguage()
提供されたテキストの言語を Compact Language Detector を利用して検出します。

ブラウザーの実装状況

ChromeEdgeFirefoxFirefox for AndroidOpera
LanguageCode47 有り454834
detectLanguage47 無し474834
getAcceptLanguages47 有り474834
getMessage17 有り *45 *4815
getUILanguage35 有り4748 有り

Example extensions

謝辞

この API は、Chromium の chrome.i18n API を基にしています。このドキュメンテーションは、Chromium コード内の i18n.json に由来しています。

Microsoft Edge 互換性データは、Microsoft Corporation より供給され、Creative Commons Attribution 3.0 United States License の下で含まれています。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf
 最終更新者: Marsf,