DOM developer guide

草案
このページは完成していません。

Document Object ModelHTMLXML ドキュメントのための API です。 DOM はドキュメントの構造的表現を提供しており、開発者がコンテンツ自身や、ドキュメントの表示を変更することができるようになります。基本的に、スクリプトやプログラミング言語を通して、ページを繋げています。

All of the properties, methods, and events available to the web developer for manipulating and creating web pages are organized into objects (e.g., the document object that represents the document itself, the table object that represents a HTML table element, and so forth). Those objects are accessible via scripting languages in most recent web browsers.

The DOM is most often used in conjunction with JavaScript. However, the DOM was designed to be independent of any particular programming language, making the structural representation of the document available from a single, consistent API. Though we focus on JavaScript throughout this site, implementations of the DOM can be built for any language.

The World Wide Web Consortium establishes a standard for the DOM, called the W3C DOM. It should, now that the most important browsers correctly implement it, enable powerful cross-browser applications.

Why is the DOM important?

"Dynamic HTML" (DHTML) is a term used by some vendors to describe the combination of HTML, style sheets and scripts that allows documents to be animated. The W3C DOM Working Group is working hard to make sure interoperable and language-neutral solutions are agreed upon (see also the W3C FAQ).

As Mozilla claims the title of "Web Application Platform", support for the DOM is one of the most requested features, and a necessary one if Mozilla wants to be a viable alternative to the other browsers. The user interface of Mozilla (also Firefox and Thunderbird) is built using XUL, using the DOM to manipulate its own UI.

 

More about the DOM

DOM 中の空白文字
DOM 中に空白文字が存在すると、コンテントツリーの操作が予想外に困難なものとなります。 Mozilla では、元のドキュメントのテキストコンテント中の空白文字は全て DOM 中にも表現されます(タグ内部の空白文字は除く)。(これはエディタがドキュメントの体裁を保存できるようにしたり CSS の white-space: pre が機能するようにするために内部的に必要です。) これが意味するのは:
Manipulating the browser history
DOM window オブジェクトは history オブジェクトを介したブラウザの履歴へのアクセスを提供しています。このオブジェクトでは、前のページに戻ったり、( HTML5 からは履歴スタックの中身を操作できるなど)ユーザーの履歴を行き来するのに便利なメソッドとプロパティが顕わになっています。
フルスクリーン API の利用
フルスクリーン API は、簡単に Web コンテンツをユーザの画面全体へ表示させる手段を提供します。この記事では、この API の利用に関する情報を提供します。

ドキュメントのタグと貢献者

最終更新者: stingray,