SVGGraphicsElement

SVGGraphicsElement インターフェイスは、直接グループにグラフィックを描画することを主な目的とした SVG 要素を表します。

メモ: このインターフェイスは SVG 2 で導入され、 SVG 1.1 で導入された SVGLocatable および SVGTransformable インターフェイスを置き換えています。

プロパティ

このインターフェイスは親である SVGElement からプロパティを継承しています。

SVGGraphicsElement.transform 読取専用
SVGAnimatedTransformList で、指定された要素の transform プロパティおよび関連する transform 属性の計算値を反映します。

メソッド

このインターフェイスは親である SVGElement からメソッドを継承しています。

SVGGraphicsElement.getBBox()
DOMRect で、現在の要素の計算上の囲みボックスを返します。
SVGGraphicsElement.getCTM()
DOMMatrix で、現在の要素の座標系をその SVG ビューポートの座標系に変換する行列を返します。
SVGGraphicsElement.getScreenCTM()
DOMMatrix で、現在の要素の座標系を SVG 文書フラグメントの SVG ビューポートの座標系に変換する行列を返します。

仕様書

仕様書 状態 備考
Scalable Vector Graphics (SVG) 2
SVGGraphicsElement の定義
勧告候補 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser