HTMLInputElement: setRangeText() メソッド

HTMLInputElement.setRangeText() メソッドは、 <input><textarea> 要素の中のテキストの範囲を新しい文字列に置き換えます。

構文

js

setRangeText(replacement)
setRangeText(replacement, start)
setRangeText(replacement, start, end)
setRangeText(replacement, start, end, selectMode)

引数

replacement

挿入する文字列。

start 省略可

置換する最初の文字を 0 から始まる位置で指定します。既定値は現在の selectionStart の値(ユーザーが現在選択している先頭)です。

end 省略可

置換する最後の文字の次の文字を 0 から始まる位置で指定します。既定値は現在の selectionEnd の値(ユーザーが現在選択している末尾)です。

selectMode 省略可

テキストが置換された後で、選択範囲がどのように設定されるかを定義する文字列です。 次の値が利用できます。

  • "select": 新規挿入したテキストを選択します。
  • "start": 挿入したテキストの直前に選択範囲を移動します。
  • "end": 挿入したテキストの直後に選択範囲を移動します。
  • "preserve": 選択範囲を保全しようとします。これが既定値です。

返値

なし (undefined)。

この例にあるボタンをクリックすると、テキストボックス内のテキストの一部を置き換えます。新しく挿入されたテキストは、その後で強調(選択)されます。

HTML

html

<input
  type="text"
  id="text-box"
  size="30"
  value="このテキストは更新されていません。" />
<button onclick="selectText()">テキストを更新</button>

JavaScript

js

function selectText() {
  const input = document.getElementById("text-box");
  input.focus();
  input.setRangeText("ました", 11, 16, "select");
}

結果

仕様書

Specification
HTML Standard
# dom-textarea/input-setrangetext-dev

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報