HTMLInputElement: popoverTargetAction プロパティ

Limited availability

This feature is not Baseline because it does not work in some of the most widely-used browsers.

popoverTargetActionHTMLInputElement インターフェイスのプロパティで、<input> 要素の type="button" 型でで制御されるポップオーバー要素で実行されるアクション("hide""show""toggle" のいずれか)を取得および設定します。

これは HTML の popovertargetaction 属性の値を反映します。

列挙値です。取りうる値は次の通りです。

"hide"

このボタンは表示中のポップオーバーを非表示にします。すでに非表示のポップオーバーを非表示にしようとした場合は、何も行われません。

"show"

このボタンは非表示のポップオーバーを表示します。すでに表示中のポップオーバーを表示させようとした場合は、何も行われません。

"toggle"

このボタンはポップオーバーを表示と非表示の間でトグル切り替えします。ポップオーバーが非表示の場合は、表示されます。ポップオーバーが表示中の場合は、非表示になります。popoverTargetAction が設定されていない場合、"toggle" がこの制御ボタンで行われる既定のアクションになります。

自動ポップオーバーでのポップオーバーの切り替え動作

この例では、 popoverTargetAction プロパティに "toggle" 値を設定したポップオーバー API の基本的な使用方法を示します。 popover 属性は "auto" に設定されているので、ポップオーバーはポップオーバー領域の外側をクリックすることで閉じられた状態 ("light-dismissed") にすることができます。

まず、ポップオーバーの表示と非表示に使用する <input>type="button" 型と、ポップオーバーとなる <div> を定義します。 この場合、プログラムで行うのと同様に、ボタンには HTML の popovertargetaction 属性を設定しませんし、 popover 属性を <div> に設定することもなく、

html
<input id="toggleBtn" type="button" value="ポップオーバーの表示切り替え" />
<div id="mypopover">これはポップオーバーのコンテンツです。</div>

JavaScript コードは最初に <div><input> 要素のハンドルを取得します。 そして、ポップオーバーに対応しているかどうかを調べる関数を定義します。

js
const popover = document.getElementById("mypopover");
const toggleBtn = document.getElementById("toggleBtn");

// ポップオーバー API の対応状況を確認
function supportsPopover() {
  return HTMLElement.prototype.hasOwnProperty("popover");
}

ポップオーバー API に対応している場合、コードは <div> 要素の popover 属性を "auto" に設定し、それをトグルボタンのポップオーバー対象とします。 そして、ボタンの popoverTargetAction"toggle" に設定します。 ポップオーバー API に対応していない場合は、 <div> 要素のテキストコンテンツを変更してその状態にし、トグルボタンを非表示にします。

js
if (supportsPopover()) {
  // <div> 要素を自動ポップオーバーに設定
  popover.popover = "auto";
  // ボタンをポップオーバーの対象に設定
  toggleBtn.popoverTargetElement = popover;

  // ボタンでポップオーバーの表示状態を切り替えるように設定
  toggleBtn.popoverTargetAction = "toggle";
} else {
  popover.textContent = "ポップオーバー API に対応していません。";
  toggleBtn.hidden = true;
}

メモ: ポップオーバー要素は既定では非表示ですが、 API に対応していない場合は「通常通り」表示されます。

下記の例を試してみてください。 ボタンを切り替えることでポップオーバーを表示させたり、非表示にしたりできます。 「自動」ポップオーバーは、ポップオーバーテキストの枠外を選択することで解除することもできます。

手動ポップオーバーでのポップオーバーの表示/非表示操作

この例では popoverTargetAction 属性の "show""hide" の値を使用する方法を示します。

コードは前回の例とほぼ同じですが、 2 つの <button> 要素があり、ポップオーバーが "manual" に設定されている点が異なります。 manual ポップオーバーは明示的に閉じる必要があるものであり、ポップオーバー領域外を選択することによる「簡単な解除」も行われません。

html
<input id="showBtn" type="button" value="ポップオーバーを表示" />
<input id="hideBtn" type="button" value="ポップオーバーを非表示" />
<div id="mypopover">これはポップオーバーのコンテンツです。</div>
js
function supportsPopover() {
  return HTMLElement.prototype.hasOwnProperty("popover");
}

const popover = document.getElementById("mypopover");
const showBtn = document.getElementById("showBtn");
const hideBtn = document.getElementById("hideBtn");

const popoverSupported = supportsPopover();

if (supportsPopover()) {
  // <div> 要素を手動ポップオーバーに設定
  popover.popover = "manual";

  // ボタンをポップオーバーの対象に設定
  showBtn.popoverTargetElement = popover;
  hideBtn.popoverTargetElement = popover;

  // 対象の動作を表示/非表示に設定
  showBtn.popoverTargetAction = "show";
  hideBtn.popoverTargetAction = "hide";
} else {
  popover.textContent = "ポップオーバー API に対応していません。";
  showBtn.hidden = true;
  hideBtn.hidden = true;
}

ポップオーバーは、「ポップオーバーを表示」ボタンを選択することで表示させ、「ポップオーバーを非表示」ボタンを使用することで解除することができます。

仕様書

Specification
HTML Standard
# dom-popovertargetaction

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報