インターフェースのdestinationプロパティは、コンテキストの全ての音声の最終的な行き先を表すAudioDestinationNode を戻します。これは、あなたのコンピュータのスピーカーのような、オーディオレンダリングデバイスと考えることができます。

構文

var audioCtx = new AudioContext();
gainNode.connect(audioCtx.destination);

AudioDestinationNode

注: 完全な実装の例は、MDN Github repopanner-nodeなどを参照してください。

var AudioContext = window.AudioContext || window.webkitAudioContext;
var audioCtx = new AudioContext();
// 古いwebkit/blinkブラウザではプレフィックスが必要です

var oscillatorNode = audioCtx.createOscillator();
var gainNode = audioCtx.createGain();

oscillatorNode.connect(gainNode);
gainNode.connect(audioCtx.destination);

仕様

Specification Status Comment
Web Audio API
destination の定義
草案  

ブラウザ互換性

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

Feature Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
Basic support 10.0webkit 25.0 (25.0)  未サポート 15.0webkit
22 (unprefixed)
6.0webkit
Feature Android Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
Basic support ? 26.0 1.2 ? ? ? 33.0

参考

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: maruhiro
最終更新者: maruhiro,