AudioDestinationNode

AudioDestinationNodeインターフェースは、指定のコンテキストの音声の最後の目的地 - 通常はあなたのデバイスのスピーカーを表します。OfflineAudioContextと共に使えば、オーディオデータを「録音」するノードにもできます。

AudioDestinationNodeには出力はなく(出力があれば、これ以上AudioNodeに音声を結びつけることができません)、入力が1つあります。入力チャンネルの数は、0からmaxChannelCount変数の間である必要があり、そうでなければ例外が発生します。

指定のAudioContextAudioDestinationNodeAudioContext.destinationプロパティで取得できます。

Number of inputs 1
Number of outputs 0
Channel count mode "explicit"
Channel count 2
Channel interpretation "speakers"

プロパティ

親のAudioNodeのプロパティを継承しています。

AudioDestinationNode.maxChannelCount
unsigned longで表された物理的なデバイスが扱えるチャンネルの最大数

メソッド

固有のメソッドはありません。親のAudioNodeのメソッドを継承しています。

AudioDestinationNodeの設定には複雑なことはありません - デフォルトでユーザのシステム(例:スピーカー)を表しています。よって、数行のコードを書くだけで内部の音声を接続することができます:

var audioCtx = new AudioContext();
var source = audioCtx.createMediaElementSource(myMediaElement);
source.connect(gainNode);
gainNode.connect(audioCtx.destination);

完全な実装は、MDN Web AudioのVoice-change-o-maticViolent Thereminのようなサンプルを参考にしてください。

仕様

Specification Status Comment
Web Audio API
AudioDestinationNode の定義
勧告  

ブラウザ互換性

BCD tables only load in the browser

参考