BaseAudioContext.createDelay()

createDelay()BaseAudioContext インターフェイスのメソッドで、 DelayNode を生成します。これは、入力される音声信号を一定時間遅らせるために使用します。

Note: DelayNode() (en-US) コンストラクターは DelayNode を作成するための推奨される方法です。 AudioNode の作成を参照してください。

構文

createDelay(maxDelayTime)

引数

maxDelayTime 省略可

音声信号を遅延させることができる最大時間(秒)を指定します。 180 秒未満である必要があり、指定しない場合は 1 秒が既定値となります。

返値

DelayNode です。既定の DelayNode.delayTime は 0 秒です。

3 つの異なるサンプルを一定のループで再生する簡単な例を作成しました。 create-delay をご覧ください(ソースコードを閲覧することもできます)。再生ボタンを押しただけでは、ループはすぐに始まります。スライダーを右にスライドさせてから再生ボタンを押すと、遅延が導入され、ループする音は短い時間だけ再生を開始しません。

var AudioContext = window.AudioContext || window.webkitAudioContext;
var audioCtx = new AudioContext();

var synthDelay = audioCtx.createDelay(5.0);

  ...

var synthSource;

playSynth.onclick = function() {
  synthSource = audioCtx.createBufferSource();
  synthSource.buffer = buffers[2];
  synthSource.loop = true;
  synthSource.start();
  synthSource.connect(synthDelay);
  synthDelay.connect(destination);
  this.setAttribute('disabled', 'disabled');
}

stopSynth.onclick = function() {
  synthSource.disconnect(synthDelay);
  synthDelay.disconnect(destination);
  synthSource.stop();
  playSynth.removeAttribute('disabled');
}

...

var delay1;
rangeSynth.oninput = function() {
  delay1 = rangeSynth.value;
  synthDelay.delayTime.setValueAtTime(delay1, audioCtx.currentTime);
}

仕様書

Specification
Web Audio API
# dom-baseaudiocontext-createdelay

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報