BaseAudioContext.createGain()

createGain()BaseAudioContext インターフェイスのメソッドで、 GainNode (en-US) を生成します。これは、音声グラフの全体的なゲイン(音量)を調整するのに使用します。

Note: GainNode() (en-US) コンストラクターは GainNode (en-US) を作成するための推奨される方法です。 AudioNode の作成を参照してください。

構文

createGain()

引数

なし。

返値

1 つ以上の音声ソースを入力とし、ノードの GainNode (en-US) で指定されたレベルにゲイン(音量)が調整された音声を出力する GainNode.gain (en-US) です。 a-rate 引数で指定された音量にゲイン調整された音声を出力します。

次の例は AudioContext を使って GainNode を作成し、Mute ボタンをクリックしたときに gain プロパティの値を変更して音声をミュートしたりミュート解除したりする基本的な使用方法を示しています。

以下のスニペットはそのままでは動作しません。完全な動作例については、 Voice-change-O-maticソースを閲覧)デモをご覧ください。

<div>
  <button class="mute">Mute button</button>
</div>
var audioCtx = new (window.AudioContext || window.webkitAudioContext)();
var gainNode = audioCtx.createGain();
var mute = document.querySelector('.mute');
var source;

if (navigator.mediaDevices.getUserMedia) {
 navigator.mediaDevices.getUserMedia (
   // constraints - only audio needed for this app
   {
     audio: true
   },

   // Success callback
   function(stream) {
     source = audioCtx.createMediaStreamSource(stream);

   },

   // Error callback
   function(err) {
     console.log('The following gUM error occurred: ' + err);
   }
  );
} else {
   console.log('getUserMedia not supported on your browser!');
}

source.connect(gainNode);
gainNode.connect(audioCtx.destination);

  ...

mute.onclick = voiceMute;

function voiceMute() {
  if(mute.id == "") {
    // 0 means mute. If you still hear something, make sure you haven't
    // connected your source into the output in addition to using the GainNode.
    gainNode.gain.setValueAtTime(0, audioCtx.currentTime);
    mute.id = "activated";
    mute.textContent = "Unmute";
  } else {
    gainNode.gain.setValueAtTime(1, audioCtx.currentTime);
    mute.id = "";
    mute.textContent = "Mute";
  }
}

仕様書

Specification
Web Audio API
# dom-baseaudiocontext-creategain

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報