BaseAudioContext.createPeriodicWave()

createPeriodicWave()AudioContext インターフェイスのメソッドで、周期的な波形を定義するために使われる PeriodicWave (en-US) を生成します。これは OscillatorNode の出力を決めるために使われます。

構文

createPeriodicWave(real, imag)
createPeriodicWave(real, imag, constraints)

引数

real

余弦項(従来は A 項)の配列。

imag

正弦項(従来は B 項)の配列。

配列 realimag は同じ長さでなければならず、そうでない場合はエラーが発生します。

constraints 省略可

正規化を無効にするかどうか(指定しない場合、正規化は既定で有効)を指定する辞書オブジェクトです。 1 つのプロパティを持ちます。

  • disableNormalization: true に設定すると、周期的な波の正規化を無効にします。既定値は false です。

Note: 正規化した場合、結果の波は最大絶対ピーク値が 1 になります。

返値

次の例は、 createPeriodicWave() を使用して単純な正弦波を含む PeriodicWave (en-US) オブジェクトを作成する方法を示しています。

var real = new Float32Array(2);
var imag = new Float32Array(2);
var ac = new AudioContext();
var osc = ac.createOscillator();

real[0] = 0;
imag[0] = 0;
real[1] = 1;
imag[1] = 0;

var wave = ac.createPeriodicWave(real, imag, {disableNormalization: true});

osc.setPeriodicWave(wave);

osc.connect(ac.destination);

osc.start();
osc.stop(2);

これは、基本音だけを含む音は、定義上、正弦波であるため、うまくいきます。

ここでは、 2 つの値を持つ PeriodicWave を作成します。最初の値は DC オフセットで、これはオシレーターを開始する値です。ここでは、曲線を [-1.0; 1.0] 範囲の中央で開始したいので、 0 が適しています。

2 つ目以降の値は正弦波と余弦波成分です。時間領域の値から周波数領域の値を得る、フーリエ変換の結果と考えることができます。ここでは、createPeriodicWave()で、周波数を指定すると、ブラウザーは逆フーリエ変換を行い、発振器の周波数の時間領域のバッファーを取得します。ここでは、基本音にフルボリューム(1.0)の 1 成分のみを設定しているので、正弦波が得られます。

フーリエ変換の係数は昇順で与えなければならず(すなわち、 ( a + b i ) e i , ( c + d i ) e 2 i , ( f + g i ) e 3 i \left(a+bi\right)e^{i} , \left(c+di\right)e^{2i} , \left(f+gi\right)e^{3i} など)、正でも負でも構いません。このような係数を手動で得る簡単な方法は(ベストではありませんが)、グラフ計算機を使うことです。

仕様書

Specification
Web Audio API
# dom-baseaudiocontext-createperiodicwave

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報