BaseAudioContext: createAnalyser() メソッド

createAnalyser()BaseAudioContext インターフェイスのメソッドで、 AnalyserNode を作成します。これは音声の時間と周波数データを公開し、データの可視化を行います。

メモ: AnalyserNode() コンストラクターが AnalyserNode を生成するのに推奨される方法です。 AudioNode の作成を参照してください。

メモ: このノードの詳しい説明は、 AnalyserNode のページを参照してください。

構文

js
createAnalyser()

引数

なし。

返値

AnalyserNode です。

次の例では、 AudioContext を使用して Analyser ノードを作成し、 requestAnimationFrame() を使用してタイムドメインのデータを繰り返し収集し、現在の音声入力の「オシロスコープ形式」の出力を描画する基本的な使用方法を示しています。より完全な応用例や情報については、 Voice-change-O-matic のデモをご覧ください(関連コードは、 app.js 108-193 行目をご覧ください)。

js
const audioCtx = new (window.AudioContext || window.webkitAudioContext)();
const analyser = audioCtx.createAnalyser();

// …

analyser.fftSize = 2048;
const bufferLength = analyser.frequencyBinCount;
const dataArray = new Uint8Array(bufferLength);
analyser.getByteTimeDomainData(dataArray);

// 現在の音のオシロスコープのように描く

function draw() {
  drawVisual = requestAnimationFrame(draw);

  analyser.getByteTimeDomainData(dataArray);

  canvasCtx.fillStyle = "rgb(200 200 200)";
  canvasCtx.fillRect(0, 0, WIDTH, HEIGHT);

  canvasCtx.lineWidth = 2;
  canvasCtx.strokeStyle = "rgb(0 0 0)";

  canvasCtx.beginPath();

  const sliceWidth = (WIDTH * 1.0) / bufferLength;
  let x = 0;

  for (let i = 0; i < bufferLength; i++) {
    const v = dataArray[i] / 128.0;
    const y = (v * HEIGHT) / 2;

    if (i === 0) {
      canvasCtx.moveTo(x, y);
    } else {
      canvasCtx.lineTo(x, y);
    }

    x += sliceWidth;
  }

  canvasCtx.lineTo(canvas.width, canvas.height / 2);
  canvasCtx.stroke();
}

draw();

仕様書

Specification
Web Audio API
# dom-baseaudiocontext-createanalyser

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報