History.go()

History.go() メソッドは、セッション履歴から特定のページを読み込みます。これを用いると、引数の値に応じて履歴の中を前方や後方に移動することができます。

このメソッドは非同期です。移動が完了したときを検知したい場合は popstate (en-US) イベントのリスナーを追加してください。

構文

history.go([delta])

引数

delta 省略可
履歴の中を移動したい先の位置で、現在のページからの相対位置です。負の数の場合は前方に移動し、正の値の場合は後方へ移動します。すなわち、例えば、 history.go(2) は2ページ後に移動し、 history.go(-2) は2ページ前に戻ります。値が渡されなかったときや、 delta が 0 と等しいときは、 location.reload() の呼び出しと同じ効果になります。

一つページを戻す場合 (back() の呼び出しと同等):

history.go(-1)

一つページを進める場合、 forward() (en-US) の呼び出しと同等:

history.go(1)

二つページを進める場合:

history.go(2);

二つページを戻す場合:

history.go(-2);

そして、以下の文はいずれも現在のページを再読み込みします。

history.go();
history.go(0);

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
History.go() の定義
現行の標準 HTML5 から変更なし
HTML5
History.go() の定義
勧告 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報