mozilla
Your Search Results

    Headers

    HTTP メッセージヘッダは取り出されるリソースあるいはサーバやクライアントの動作を精密に示しますために用いられます。プロプライエタリなカスタムヘッダは 'X-' 接頭辞を用いて追加できます。それ以外のヘッダは IANA レジストリ で一覧化されており、その元になったものは RFC 4229 です。また IANA は 新たに提案された HTTP メッセージヘッダのレジストリ も管理しています。

    以下の一覧は、ヘッダとその用途の要約です:

    ヘッダ 説明 詳細情報 標準
    Accept ユーザエージェントが期待する MIME タイプを羅列します。 HTTP Content Negotiation HTTP/1.1
    Accept-Charset ユーザエージェントがサポートする文字集合を羅列します。 HTTP Content Negotiation HTTP/1.1
    Accept-Features   HTTP Content Negotiation RFC 2295, §8.2
    Accept-Encoding ユーザエージェントがサポートする圧縮方式を羅列します。 HTTP Content Negotiation HTTP/1.1
    Accept-Language ユーザエージェントが期待するページ内の言語を羅列します。 HTTP Content Negotiation HTTP/1.1
    Accept-Ranges      
    Access-Control-Allow-Credentials   HTTP Access Control および Server Side Access Control W3C Cross-Origin Resource Sharing
    Access-Control-Allow-Origin   HTTP Access Control および Server Side Access Control W3C Cross-Origin Resource Sharing
    Access-Control-Allow-Methods   HTTP Access Control および Server Side Access Control W3C Cross-Origin Resource Sharing
    Access-Control-Allow-Headers   HTTP Access Control および Server Side Access Control W3C Cross-Origin Resource Sharing
    Access-Control-Max-Age   HTTP Access Control および Server Side Access Control W3C Cross-Origin Resource Sharing
    Access-Control-Expose-Headers   HTTP Access Control および Server Side Access Control W3C Cross-Origin Resource Sharing
    Access-Control-Request-Method   HTTP Access Control および Server Side Access Control W3C Cross-Origin Resource Sharing
    Access-Control-Request-Headers   HTTP Access Control および Server Side Access Control W3C Cross-Origin Resource Sharing
    Age      
    Allow      
    Alternates   HTTP Content Negotiation RFC 2295, §8.3
    Authorization      
    Cache-Control   HTTP Caching FAQ  
    Connection      
    Content-Encoding      
    Content-Language      
    Content-Length      
    Content-Location      
    Content-MD5   未実装 (参照 バグ 232030)  
    Content-Range      
    Content-Type 伝達するドキュメントの MIME タイプを指定します。    
    Cookie     RFC 2109
    DNT 値 1 のとき、ユーザはあらゆる種類のトラッキングから明示的にオプトアウトすることを示します。 Firefox 4、モバイル Firefox 5、IE9、および小数の大手企業がサポートしています。 Bug 628197
    Date      
    ETag   HTTP Caching FAQ  
    Expect      
    Expires   HTTP Caching FAQ  
    From      
    Host      
    If-Match      
    If-Modified-Since   HTTP Caching FAQ  
    If-None-Match   HTTP Caching FAQ  
    If-Range      
    If-Unmodified-Since      
    Last-Event-ID 以前の HTTP コネクションでサーバが受け取ったサイトのイベントの ID を与えます。text/event-stream のストリームを同期するために用いられます。 Server-Sent Events Server-Sent Events spec
    Last-Modified   HTTP Caching FAQ  
    Link HTML の <link> 要素と同等ですが、HTTP 層では取り出されたリソースに関連する URL および関連性の種類を与えます。

    rel=prefetch については、Link Prefetching FAQ をご覧ください。

    HTTP 1.1 の RFC 2068 の章 19.6.2.4 で導入され、その後最終の HTTP 1.1 仕様 では削除され、そして RFC 5988 で他の拡張仕様とともに再導入されました。

    Location      
    Max-Forwards      
    Negotiate   HTTP Content Negotiation RFC 2295, §8.4
    Origin   HTTP Access Control および Server Side Access Control W3C Cross-Origin Resource Sharing
    Pragma   pragma: nocache 値については、HTTP Caching FAQ をご覧ください。  
    Proxy-Authenticate      
    Proxy-Authorization      
    Range      
    Referer (HTTP/0.9 仕様で発生したスペルの誤りを以降のバージョンのプロトコルでも保持していることに注意してください)    
    Retry-After      
    Sec-Websocket-Extensions      Websockets
    Sec-Websocket-Key      Websockets
    Sec-Websocket-Origin      Websockets
    Sec-Websocket-Protocol      Websockets
    Sec-Websocket-Version      Websockets
    Server      
    Set-Cookie     RFC 2109
    Set-Cookie2     RFC 2965
    Strict-Transport-Security   HTTP Strict Transport Security IETF reference
    TCN   HTTP Content Negotiation RFC 2295, §8.5
    TE      
    Trailer メッセージボディの後に、トレーラーブロックで伝送されるヘッダを羅列します。これは、サーバがデータの伝送中に Content-MD5: などの値を計算することを可能にします。Trailer: ヘッダで Content-Length:Trailer:、あるいは Transfer-Encoding: ヘッダを指定してはならないことに注意してください。   RFC 2616, §14.40
    Transfer-Encoding      
    Upgrade      
    User-Agent   Gecko のユーザエージェント文字列については User Agents Reference をご覧ください。  
    Variant-Vary   HTTP Content Negotiation RFC 2295, §8.6
    Vary Web サーバが特定のコンテンツを選択する際の条件として用いたヘッダを羅列します。このサーバは、送信されたリソースの効率的および正確なキャッシュのために重要です。 HTTP Content Negotiation および HTTP Caching FAQ  
    Via      
    Warning      
    WWW-Authenticate      
    X-Content-Duration   Configuring servers for Ogg media  
    X-Content-Security-Policy   Using Content Security Policy  
    X-DNSPrefetch-Control   Controlling DNS prefetching  
    X-Frame-Options   The XFrame-Option Response Header  
    X-Requested-With XMLHttpRequest でリクエストを行っている場合に、値 "XMLHttpRequest" でよく用いられます。   非標準

    注釈

    Gecko 5.0 note
    (Firefox 5.0 / Thunderbird 5.0 / SeaMonkey 2.2)

    Keep-Alive リクエストヘッダは、Gecko 5.0 (Firefox 5.0 / Thunderbird 5.0 / SeaMonkey 2.2) では送信されません。前のバージョンでは送信していましたが正しい形式ではなかったため、当分の間削除することになりました。ただし、Connection: または Proxy-Connection: ヘッダは依然として値 "keep-alive" で送信されます。

    参考情報

    Wikipedia page on List of HTTP headers (日本語)

    ドキュメントのタグと貢献者

    タグ: 
    Contributors to this page: yyss
    最終更新者: yyss,