get Promise[@@species]

Baseline Widely available

This feature is well established and works across many devices and browser versions. It’s been available across browsers since July 2015.

Promise[@@species] アクセサープロパティは、プロミスのメソッドからの返値を構築するのに使用されるコンストラクターを返します。

警告: @@species が存在すると、任意のコードの実行が可能になり、セキュリティ上の脆弱性を生み出す可能性があります。また、特定の最適化も非常に難しくなります。エンジンの実装者はこの機能を削除するかどうか調査しています。可能であれば、この機能に頼ることは避けてください。

構文

js
Promise[Symbol.species];

返値

get @@species が呼び出されたコンストラクター (this) の値です。この返値は、新しいプロミスを作成するプロミス連鎖メソッドから返値を作成するために使用されます。

解説

@@species アクセサープロパティは Promise オブジェクトの既定のコンストラクターを返します。サブクラスのコンストラクターはこれを上書きしてコンストラクターの割り当てを変更することができます。既定の実装では、基本的に次のようになります。

js
// 解説のため架空の基礎実装
class Promise {
  static get [Symbol.species]() {
    return this;
  }
}

この多相的な実装のため、派生したサブクラスの @@species も既定ではコンストラクター自身を返すことになります。

js
class SubPromise extends Promise {}
SubPromise[Symbol.species] === Promise; // true

プロミス連鎖メソッドである then()catch()finally() は、新しいプロミスオブジェクトを返します。これらは this.constructor[@@species] を介して新しいプロミスを構築するためのコンストラクターを取得します。 this.constructorundefined の場合、または this.constructor[@@species]undefined または null の場合、既定の Promise() コンストラクターが使用されます。それ以外の場合は、 this.constructor[@@species] から返されるコンストラクターが使用され、新しいプロミスオブジェクトが構築されます。

通常のオブジェクトの species

Symbol.species プロパティは、既定では Promise のコンストラクター関数を返します。

js
Promise[Symbol.species]; // [Function: Promise]

派生オブジェクトの species

MyPromise のような独自の Promise サブクラスのインスタンスでは、 MyPromise コンストラクターが MyPromise の species となります。しかし、派生クラスのメソッドで親の Promise オブジェクトを返すために、これをオーバーライドしたい場合があるかもしれません。

js
class MyPromise extends Promise {
  // MyPromise の species を親の Promise コンストラクターで上書きする
  static get [Symbol.species]() {
    return Promise;
  }
}

既定では、プロミスメソッドはサブクラスの型を持つプロミスを返します。

js
class MyPromise extends Promise {
  someValue = 1;
}

console.log(MyPromise.resolve(1).then(() => {}).someValue); // 1

@@species を上書きすることで、プロミスのメソッドは基底の Promise 型を返すことになります。

js
class MyPromise extends Promise {
  someValue = 1;
  static get [Symbol.species]() {
    return Promise;
  }
}

console.log(MyPromise.resolve(1).then(() => {}).someValue); // undefined

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification
# sec-get-promise-%symbol.species%

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報