Promise.reject()

Promise.reject() メソッドは、引数で与えられた理由でリジェクトされた Promise オブジェクトを返します。

構文

Promise.reject(reason);

引数

reason
このPromiseオブジェクトのリジェクトされた理由

返値

与えられた理由で拒否された Promise

解説

静的な Promise.reject 関数は拒否された Promise を返します。デバッグのためにキャッチするエラーを選別したい場合は、 reasoninstanceof Error にかけると良いでしょう。

静的な Promise.reject() メソッドの使用

Promise.reject(new Error('fail')).then(function() {
  // ここは呼ばれません。
}, function(error) {
  console.error(error); // Stacktrace
});

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報