Promise.reject(reason) メソッドは、引数で与えられた理由でリジェクトされた Promise オブジェクトを返します。

構文

Promise.reject(reason);

引数

reason
このPromiseオブジェクトのリジェクトされた理由

返り値

与えられた理由で拒否された Promise

説明

静的なPromise.reject 関数はリジェクトされたPromiseを返します。デバッグのためにキャッチするエラーを選別したい場合は、 reasoninstanceof Errorにかけると良いでしょう。

静的な Promise.reject() メソッドを使う

Promise.reject(new Error("fail")).then(function() {
  // ここは呼ばれません。
}, function(error) {
  console.log(error); // Stacktrace
});

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Promise.reject の定義
標準 Initial definition in an ECMA standard.
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Promise.reject の定義
ドラフト  

ブラウザ実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung InternetNode.js
基本対応Chrome 完全対応 32Edge 完全対応 ありFirefox 完全対応 29IE 未対応 なしOpera 完全対応 19Safari 完全対応 8WebView Android 完全対応 4.4.3Chrome Android 完全対応 32Edge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 29Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 8Samsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 0.12

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3, woodmix, shide55
最終更新者: Uemmra3,