We're looking for a user researcher to understand the needs of developers and designers. Is this you or someone you know? Check out the post: https://mzl.la/2IGzdXS

Promise.reject(reason) メソッドは、引数で与えられた理由でリジェクトされた Promise オブジェクトを返します。

構文

Promise.reject(reason);

引数

reason
このPromiseオブジェクトのリジェクトされた理由

返り値

与えられた理由で拒否された Promise

説明

静的なPromise.reject 関数はリジェクトされたPromiseを返します。デバッグのためにキャッチするエラーを選別したい場合は、 reasoninstanceof Errorにかけると良いでしょう。

静的な Promise.reject() メソッドを使う

Promise.reject(new Error("fail")).then(function() {
  // ここは呼ばれません。
}, function(error) {
  console.log(error); // Stacktrace
});

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Promise.reject の定義
標準 Initial definition in an ECMA standard.
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Promise.reject の定義
ドラフト  

ブラウザ実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応32 あり29 なし198
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応4.4.432 あり29 あり8 あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3, woodmix, shide55
最終更新者: Uemmra3,