MDN wants to talk to developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/8d22564490d8

Promise.race()

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

これは Harmony(ECMAScript 2015 (ES6)) の一部です。
この技術の仕様は最終化されていますが、使用にあたってはブラウザーごとの実装状況の一覧表を確認してください。

概要

Promise.race(iterable) 静的メソッドは、引数の Promise iterable のうち、一つが成功もしくは失敗した時に、すぐに値や理由とともに Promise を返します。

構文

Promise.race(iterable);

引数

iterable
Arrayのような反復オブジェクト。iterableを確かめて下さい。

説明

race 関数は最初に渡されたプロミスと同様に解決されたPromiseを返します。一番最初に解決もしくは拒否された値のみ返します。

Promise.race を使う– setTimeoutと使う例

var p1 = new Promise(function(resolve, reject) { 
    setTimeout(resolve, 500, "one"); 
});
var p2 = new Promise(function(resolve, reject) { 
    setTimeout(resolve, 100, "two"); 
});

Promise.race([p1, p2]).then(function(value) {
  console.log(value); // "two"
  // Both resolve, but p2 is faster
});

var p3 = new Promise(function(resolve, reject) { 
    setTimeout(resolve, 100, "three");
});
var p4 = new Promise(function(resolve, reject) { 
    setTimeout(reject, 500, "four"); 
});

Promise.race([p3, p4]).then(function(value) {
  console.log(value); // "three"
  // p3 is faster, so it resolves               
}, function(reason) {
  // Not called
});

var p5 = new Promise(function(resolve, reject) { 
    setTimeout(resolve, 500, "five"); 
});
var p6 = new Promise(function(resolve, reject) { 
    setTimeout(reject, 100, "six");
});

Promise.race([p5, p6]).then(function(value) {
  // Not called              
}, function(reason) {
  console.log(reason); // "six"
  // p6 is faster, so it rejects
});

仕様

仕様 状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Promise.race の定義
標準 Initial definition in an ECMA standard.
ECMAScript 2017 Draft (ECMA-262)
Promise.race の定義
ドラフト  

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 32 29.0 (29.0) 未サポート 19 7.1
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート 未サポート 29.0 (29.0) 未サポート 未サポート iOS 8 32

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yasuhiroki, shide55
 最終更新者: yasuhiroki,