Promise.resolve()

Promise.resolve() は静的メソッドで、 Promise を与えられた値で「解決」させます。値がプロミスの場合は、そのプロミスが返されます。その値が Thenable であれば、Promise.resolve()then() メソッドを、準備した 2 つのコールバックと共に呼び出します。それ以外の場合は、その値で履行するプロミスが返されます。

この関数は複数階層のプロミス風オブジェクト (例えば、何かで解決するプロミスで解決するプロミス) を単一の階層に平坦化します。

試してみましょう

構文

Promise.resolve(value)

引数

value

この Promise で解決する際の引数。解決するための Promise または Thenable にすることもできます。

返値

与えられた値で解決された Promise、または value がプロミスオブジェクトであった場合、値として渡されたプロミスです。解決されたプロミスは、履行、拒否、待機のいずれかの状態になることができます。例えば、拒否されたプロミスが解決しても、結果は拒否されたプロミスのままです。

解説

Promise.resolve() はプロミスを 解決 します。これはプロミスを履行したり拒否したりすることとは異なります。用語の定義については、プロミスの説明を参照してください。簡単に言うと、 Promise.resolve() は、最終的な状態が他のプロミス、 Thenable オブジェクト、または他の値に依存しているプロミスを返します。

Promise.resolve() は汎用で、サブクラス化を対応しています。つまり、Promise のサブクラスで呼び出すことができ、その結果はサブクラス型のプロミスになります。これを行うには、サブクラスのコンストラクターは Promise() コンストラクターと同じ定義で実装する必要があります。引数として resolvereject コールバックで呼び出すことができる単一の executor 関数を受け入れることができます。

Promise.resolve() は、ネイティブの Promise のインスタンスを特別扱いしています。 valuePromise またはそのサブクラスに属し、 value.constructor === Promise の場合、新しい Promise インスタンスを作成せずに、Promise.resolve() で直接 value を返すことができます。そうでない場合、Promise.resolve() は基本的に new Promise((resolve) => resolve(value)) の一括指定となります。

解決ロジックの大部分は,実際には Promise() コンストラクターに渡されるリゾルバー関数で実装されます。概要をまとめると、次のようになります。

  • Thenable でない値が渡された場合,返されたプロミスはその値ですでに履行されたものとなります。

Thenable が渡された場合、then メソッドを呼び出され、引数としてリゾルバー関数のペアを渡すことで、返されるプロミスはその Thenable の状態を採用することになります。(しかし、ネイティブのプロミスはラッパーを作成せずに直接 Promise.resolve() を通すので、ネイティブのプロミスでは then メソッドは呼ばれません)。リゾルバー関数が別の Thenable オブジェクトを受け取ると、それは再び解決されるので、最終的なプロミスの履行値は決して Thenable になることはないでしょう。

静的な Promise.resolve メソッドの使用

Promise.resolve("Success").then(
  (value) => {
    console.log(value); // "Success"
  },
  (reason) => {
    // 呼び出されない
  },
);

配列で解決

const p = Promise.resolve([1, 2, 3]);
p.then((v) => {
  console.log(v[0]); // 1
});

別の Promise で解決

Promise.resolve() は、既存の Promise インスタンスを再利用します。ネイティブのプロミスを解決する場合は、ラッパーを作成せずに同じプロミスインスタンスを返します。

const original = Promise.resolve(33);
const cast = Promise.resolve(original);
cast.then((value) => {
  console.log(`value: ${value}`);
});
console.log(`original === cast ? ${original === cast}`);

// ログ(順番通り):
// original === cast ? true
// value: 33

ログの順番が反転するのは、 then ハンドラーが非同期に呼び出されるために発生します。詳しくは then() のリファレンスを参照してください。

Thenable で解決してエラーを発生させる

// Thenable オブジェクトを解決
const p1 = Promise.resolve({
  then(onFulfill, onReject) {
    onFulfill("fulfilled!");
  },
});
console.log(p1 instanceof Promise) // true、オブジェクトが Promise にキャストされた

p1.then(
  (v) => {
    console.log(v); // "fulfilled!"
  },
  (e) => {
    // 呼び出されない
  },
);

// Thenable throws before callback
// Promise rejects
const thenable = {
  then(onFulfilled) {
    throw new TypeError("Throwing");
    onFulfilled("Resolving");
  },
};

const p2 = Promise.resolve(thenable);
p2.then(
  (v) => {
    // 呼び出されない
  },
  (e) => {
    console.error(e); // TypeError: Throwing
  },
);

// Thenable はコールバックの後で Promise が解決した場合に
// 例外を発生させます。
const thenable = {
  then(onFulfilled) {
    onFulfilled("Resolving");
    throw new TypeError("Throwing");
  },
};

const p3 = Promise.resolve(thenable);
p3.then(
  (v) => {
    console.log(v); // "Resolving"
  },
  (e) => {
    // not called
  },
);

入れ子になった Thenable は、単一のプロミスに「深く平坦化」されます。

const thenable = {
  then(onFulfilled, onRejected) {
    onFulfilled({
      // The thenable is fulfilled with another thenable
      then(onFulfilled, onRejected) {
        onFulfilled(42);
      },
    });
  },
};

Promise.resolve(thenable).then((v) => {
  console.log(v); // 42
});

警告: 自分自身に解決する thenable に対して Promise.resolve() を呼び出さないでください。これは無限にネストしたプロミスを平坦化しようとするため、無限の再帰を引き起こします。

const thenable = {
  then(onFulfilled, onRejected) {
    onFulfilled(thenable);
  },
};

Promise.resolve(thenable); // 無z限の再帰を引き起こす

Promise 以外のコンストラクターに対する resolve() の呼び出し

Promise.resolve() は汎用的なメソッドです。これは Promise() コンストラクタと同じ定義を実装した任意のコンストラクターで呼び出すことができます。例えば、resolve として console.log を渡すコンストラクターで呼び出すことができます。

class NotPromise {
  constructor(executor) {
    // "resolve" と "reject" 関数はネイティブのプロミスと同じような振る舞いはしませんが、
    // Promise.resolve() は同じようにそれらを呼び出します。
    executor(
      (value) => console.log("Resolved", value),
      (reason) => console.log("Rejected", reason),
    );
  }
}

Promise.resolve.call(NotPromise, "foo"); // Logs "Resolved foo"

入れ子になった Thenable を平坦化する機能は Promise() コンストラクターのリゾルバー関数で実装されています。そのため、他のコンストラクターで呼び出すと、そのコンストラクターがリゾルバーをどのように実装しているかによって入れ子の Thenable が平坦化されない場合があります。

const thenable = {
  then(onFulfilled, onRejected) {
    onFulfilled({
      // Thenable は他の Thenable に履行されます
      then(onFulfilled, onRejected) {
        onFulfilled(42);
      },
    });
  },
};

Promise.resolve.call(NotPromise, thenable); // "Resolved { then: [Function: then] }" と出力

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification
# sec-promise.resolve

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報