window.navigator.battery

非推奨
この機能は Web 標準から削除されました。まだサポートしているプラウザがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。新旧にかかわらず、プロジェクトでの使用をやめてください。この機能を使用するページ、Web アプリはいつ動かなくなってもおかしくありません。

読み取り専用の battery プロパティは、システムの充電量についての情報を提供する BatteryManager を返します。これは、充電状態の監視を扱ういくつかの新しいイベントも提供します。これは、Battery Status API を実装します。詳細な追加情報や API の使い方、サンプルコードについては、この Battery Status API のドキュメントを参照してください。

battery プロパティは非推奨であり、battery の Promise を返す Navigator.getBattery() に置き換わりました。このサポートは部分的です。

構文

var battery = navigator.battery;

navigator.batteryBatteryManager オブジェクトです。

仕様

仕様書 策定状況 備考
Battery Status API
Navigator.battery の定義
勧告候補 初期定義

ブラウザ実装状況

Browser compatibility

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 38.0 10 (10) moz[1]
16 (16)[2]
未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? 38.0 10.0 (10) moz[1]
16.0 (16)[2]
未サポート 未サポート 未サポート

[1] Firefox 10.0 では既定で無効ですが、dom.battery.enabled 設定を true に変更することで有効にできます。Firefox 11.0 以降で、mozBattery が既定で有効になりました。

[2] Battery API は現在、Android、Windows、UPower がインストールされた Linux でサポートされています。MacOS のサポートは Gecko 18.0 (Firefox 18.0 / Thunderbird 18.0 / SeaMonkey 2.15) 以降です。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf, fscholz, jsx, ethertank, leaf0115
 最終更新者: Marsf,