Array
必須 No
"web_accessible_resources": [
  "images/my-image.png"
]

ときには、エクステンションに何らかのリソース - たとえば、画像や HTML、CSS、JavaScript - をパッケージして、ウェブページで使用できるようにしたい場合があります。

たとえば、2 つめの WebExtension で使われている "beastify" 例題エクステンションでは、<img> 要素の src 属性を設定することで、ウェブページの画像を動物に置き換えています。画像はエクステンションとともにパッケージ化されており、ウェブページがそれらをロードできるようにするには、ウェブアクセスを可能にする必要があります。

web_accessible_resources キーは、この方法でウェブページで利用可能にしたいすべてのパッケージされたリソースをリストします。manifest.json ファイルを基準としたパスを指定します。

ファイルは次のような URL を使用して使用できるようになります: "moz-extension://<extension-id>/<path/to/resource>"。

たとえば、このようなエントリーを考えてください:

  "web_accessible_resources": ["images/my-image.png"]

エクステンションの ID が 944cfddf-7a95-3c47-bd9a-663b3ce8d699 だった場合、このリソースは次の URL で利用できます:

moz-extension://944cfddf-7a95-3c47-bd9a-663b3ce8d699/images/my-image.png

エントリーにはワイルドカードを含めることができます。たとえば:

  "web_accessible_resources": ["images/*.png"]

上記も動作します。

この URL を取得する最も簡単な方法は、browser.extension.getURL API を使用して、 manifest.json の相対パスとして渡すことです:

chrome.extension.getURL("images/my-image.png");

コンテンツスクリプトは、ウェブアクセス可能なリソースとしてリストする必要がないことに注意してください。

"web_accessible_resources": ["images/my-image.png"]

"images/my-image.png" のファイルをウェブアクセス可能にしています。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: YuichiNukiyama
 最終更新者: YuichiNukiyama,