DataView.prototype.setFloat32()

setFloat32() メソッドは、符号付き32ビット浮動小数点数 (float) 値を DataView の指定されたバイト単位のオフセットの位置に格納します。

構文

dataview.setFloat32(byteOffset, value [, littleEndian])

引数

byteOffset
ビューの先頭からのバイト単位のオフセットで、データを格納する位置です。
value
設定する値です。
littleEndian
Optional 32ビット浮動小数点数をリトルエンディアンとビッグエンディアンのどちらの形式で格納するかを表します。 false または undefined の場合、ビッグエンディアン値が書き込まれます。

返値

発生するエラー

RangeError
byteOffset がビューの末尾を超えて格納するように設定されている場合に発生します。

setFloat32 メソッドの使用

var buffer = new ArrayBuffer(8);
var dataview = new DataView(buffer);
dataview.setFloat32(1, 3);
dataview.getFloat32(1); // 3

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報