PromiseRejectionEvent.promise

PromiseRejectionEventインターフェイスの読み取り専用プロパティである promise は、拒絶された JavaScript の Promise を表します。promise が拒絶された理由は、イベントの PromiseRejectionEvent.reason プロパティを検査することでわかります。

構文

promise = PromiseRejectionEvent.promise

reject(拒絶) されて、処理されていない JavaScript のPromise

この例では処理されておらず、reasoncode 項目が "Module not ready"であるオブジェクトである Promise をリッスンし、正しい実行に失敗するタスクを再実行する何もしないコールバックをセットアップします。

event.preventDefault() は Promise が処理されたことを示すために呼ばれます。

window.onunhandledrejection = function(event) {
  if (event.reason.code && event.reason.code == "Module not ready") {
    window.requestIdleCallback(function(deadline) {
      loadModule(event.reason.moduleName)
        .then(performStartup);
    });
    event.preventDefault();
  }
}

仕様

仕様 ステータス コメント
HTML Living Standard
PromiseRejectionEvent.promise の定義
現行の標準 初期定義。

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
promiseChrome 完全対応 49Edge 完全対応 ≤79Firefox 完全対応 69
完全対応 69
完全対応 68
無効
無効 From version 68: this feature is behind the dom.promise_rejection_events.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
IE 未対応 なしOpera 完全対応 36Safari 完全対応 11WebView Android 完全対応 49Chrome Android 完全対応 49Firefox Android 完全対応 68
無効
完全対応 68
無効
無効 From version 68: this feature is behind the dom.promise_rejection_events.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
Opera Android 完全対応 36Safari iOS 完全対応 11.3Samsung Internet Android 完全対応 5.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。

ブラウザー実装状況