PromiseRejectionEvent.promise

PromiseRejectionEventインターフェイスの読み取り専用プロパティである promise は、拒否された JavaScript の Promise を表します。promise が拒否された理由は、イベントの PromiseRejectionEvent.reason プロパティを検査することでわかります。

構文

promise = PromiseRejectionEvent.promise

reject(拒否) されて、処理されていない JavaScript のPromise

この例では処理されておらず、reasoncode 項目が "Module not ready"であるオブジェクトである Promise をリッスンし、正しい実行に失敗するタスクを再実行する何もしないコールバックをセットアップします。

event.preventDefault() は Promise が処理されたことを示すために呼ばれます。

window.onunhandledrejection = function(event) {
  if (event.reason.code && event.reason.code == "Module not ready") {
    window.requestIdleCallback(function(deadline) {
      loadModule(event.reason.moduleName)
        .then(performStartup);
    });
    event.preventDefault();
  }
}

仕様

仕様 ステータス コメント
HTML Living Standard
PromiseRejectionEvent.promise の定義
現行の標準 初期定義。

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

ブラウザー実装状況