cx

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

« SVG属性リファレンス ホーム

この文書は翻訳中です。他国語のままの部分などがあるのはその為です。
是非お気軽に MDN に登録して翻訳に参加し、私たちの手助けをして下さい!

概要

<circle>要素と<ellipse>要素では、この属性は要素の中心のx座標を定義します。もしこの要素が特定できなければ、 ”0"を指定した振る舞いをします。

<radialgradient>要素に対しては、 this attribute define the x-axis coordinate of the largest (i.e., outermost) circle for the radial gradient. The gradient will be drawn such that the 100% gradient stop is mapped to the perimeter of this largest (i.e., outermost) circle. If the attribute is not specified, the effect is as if a value of 50% were specified.

使用可能な場所

カテゴリ なし
<coordinate>
アニメーション
標準文書 SVG 1.1 (2nd Edition): The circle element
SVG 1.1 (2nd Edition): The ellipse element
SVG 1.1 (2nd Edition): The radialGradient element

<座標>

<座標>は関連する軸に沿って(X座標はX軸に沿って、Y座標はY軸に沿って)ユーザー座標系の原点から所定の座標までの距離を指定します。その構文は<長さ>と同一です。

SVG DOM内での<座標>の値は SVGLength もしくは SVGAnimatedLength で表現されます。

  <svg width="120" height="220"  
     viewPort="0 0 120 120" version="1.1" 
     xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">

    <style type="text/css" >
      
      <![CDATA[
       circle.circleClass {
       stroke: #006600;
       fill:   #cc0000;
    }

      ]]>
    </style>
     <circle  class="circleClass"   cx="40" cy="50" r="26"/>
</svg>

要素

次の要素はcx属性を使用することができます:

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: manzyun
 最終更新者: manzyun,