XRReferenceSpaceEvent()

安全なコンテキスト用

この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

XRReferenceSpaceEvent() コンストラクターは、新しい XRReferenceSpaceEvent オブジェクトを作成するために使用します。 これは、WebXR 参照空間オブジェクト XRReferenceSpace の状態に関するイベントを表します。

現在、この型を使用して定義されているのは reset イベントのみです。

構文

let refSpaceEvent = new XRReferenceSpaceEvent(type, eventInitDict);

Parameters

type
発生したイベントタイプを示す DOMString。 現在、これは常に reset です。
eventInitDict

XRReferenceSpaceEventInit ディクショナリーに基づくオブジェクトで、新しいイベントオブジェクトの初期化に使用されるデータが含まれています。 このオブジェクトのプロパティは次のとおりです。

referenceSpace
イベントの発生元の XRReferenceSpace
transform
古い座標系(このイベントによって示される変更の前のもの)を新しい座標系にマップする XRRigidTransform

戻り値

入力パラメーターで定義されたとおりに初期化された、新しい XRReferenceSpaceEvent オブジェクト。

仕様

仕様 状態 コメント
WebXR Device API
XRReferenceSpaceEvent() の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser