XRBoundedReferenceSpace

安全なコンテキスト用: この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

.WebXR Device APIXRBoundedReferenceSpace インターフェイスは、事前設定された境界を持つ仮想世界の参照空間を記述します。 これは XRReferenceSpace を拡張して、ビューアーの位置の周囲の本質的に制限のない空間を記述します。 これらの境界は、点の配列を使用して定義し、各点は、ユーザーがその中で移動することができる多角形の頂点を定義します。

これは通常、XR システムがユーザーの開始位置から限られた距離内でユーザーの物理的な移動を追跡できる場合に使用します。 指定された境界は、実際には、WebXR サイトまたはアプリケーションがユーザーが現実世界の壁やその他の障害物と衝突するのを防ぐために、ユーザーがいる部屋の形状とサイズを表す場合があります。 少なくとも、境界は、XR デバイスがユーザーの移動を追跡できる領域を示します。 制限付き空間の仕組みとその有用性の詳細については、制限付き参照空間の使用 (en-US)の記事を参照してください。

プロパティ

XRReferenceSpace のプロパティに加えて、XRBoundedReferenceSpace には次のものが含まれています。

boundsGeometry 読取専用
DOMPointReadOnly (en-US) オブジェクトの配列。 各オブジェクトは、ユーザーが留まる必要がある境界を定義する多角形の頂点を定義します。 これらの頂点は、ビューアーの位置の周囲を時計回りに移動するように並べ替える必要があります

メソッド

XRBoundedReferenceSpace は、その親インターフェイスである XRReferenceSpace のメソッドを継承します。 それ以上のメソッドはありません。

仕様

仕様 状態 コメント
WebXR Device API
XRBoundedReferenceSpace の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報