XRInputSource

安全なコンテキスト用

この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

WebXR Device APIXRInputSource インターフェースは、ユーザーの WebXR 互換の仮想現実または拡張現実のシステムの一部であるコントロール入力の単一ソースを記述します。 デバイスは使用されているプラットフォームに固有ですが、それが向けられている方向を提供し、ユーザーがデバイスを使用してアクションを実行することをトリガーにした場合、オプションでイベントを生成することができます。

プロパティ

gamepad 読取専用 これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。

XR 入力ソースのボタンと軸の状態を説明する Gamepad オブジェクト(ゲームパッドまたは同等のデバイスの場合)。 デバイスがゲームパッドのようなデバイスでない場合、このプロパティの値は NULL です。

: XRInputSourceGamepad APIGamepad インターフェイスを使用しますが、この入力デバイスは WebXR ハードウェアに厳密に関連付けられており、汎用のゲームデバイスではありません。
gripSpace読取専用
handedness で示された手に持っているように見えるオブジェクトをレンダリングするために使用するポーズを原点が追跡する XRSpace (en-US)。この空間の向きは、手がオブジェクトをつかんでいる角度を示します。 この空間の使用方法の詳細については、gripSpace のメイン記事をお読みください。
handedness読取専用
この XRInputSource によって表されるデバイスを使用している手がある場合はそれを示す DOMString。 値は、leftright、または none になります。
profiles読取専用
DOMString オブジェクトの配列。 それぞれが、この入力ソースの望ましい視覚的表現と振る舞いを説明する入力プロファイルの名前を指定します。
targetRayMode読取専用

ターゲット光線を生成するために使用する方法を gazetracked-pointer、または screen で示す DOMString

targetRaySpace (en-US)読取専用
ターゲット光線の原点とそれが伸びる方向を定義する XRSpace (en-US) オブジェクト。 この空間は、targetRayMode で定義された方法を使用して確立されます。


メソッド

XRInputSource インターフェイスはメソッドを定義しません。

使用上の注意

アクションとターゲット光線

デバイスがそれが向けられている方向を示す場合、これはターゲット光線(target ray)を使用して行われます。 これは、デバイスの位置から、デバイスが向けられている方向に外側に伸びる光線です。

ハンドコントローラから放出されるターゲット光線。
ハンドコントローラーから放出されるターゲット光線を示すスクリーンショット

デバイスにトリガーまたは他のスクイーズ可能な入力(ユーザーが拳を握ったことを認識するハンドジェスチャーデバイスなど)が含まれている場合、そのアクションはプライマリースクイーズアクション(primary squeeze action)と呼ばれます。 プライマリースクイーズアクションは、オブジェクトをつかんだり、ツールや武器のトリガーを押したりするなど、実際のグリップアクションに対応している必要があります。 ユーザーがトリガーを押したりグリップを締め付けたりするなどしてスクイーズアクションが開始されると、squeezestart (en-US) イベントが XRSession に送信されます。 アクションが完了し、ユーザーがトリガーまたはグリップを放すと、squeeze (en-US) イベントが送信されます。 この後に squeezeend (en-US) が続き、アクションが完了ではなく中止された場合にも送信されます。

デバイスにボタンまたはその他の押すことができる入力コントロールがある場合、それはプライマリ入力ソース(primary input source)であり、このボタンはプライマリーアクション(primary action)です。 プライマリーアクションは、ユーザーがボタンを押すか、タッチパッドまたはサムスティックのトップボタンをクリックするか、ボタンのようなアクションを呼び出す手のジェスチャーまたは音声コマンドを使用するときに発生する可能性があります。 プライマリーアクションが開始されると、selectstart (en-US) イベントが XRSession (en-US) に送信されます。 アクションが完了すると(ユーザーがボタンを離したときなど)、select (en-US) イベントが送信されます。 最後に、それが完了すると、またはユーザーがアクションを中止すると、selectend (en-US) イベントがセッションオブジェクトに送信されます。

アクションは、ユーザーがデバイス固有の方法で中止するか、アクションが完了する前に入力デバイスが切断された場合に中止される可能性があります。

ローカル座標系

各入力ソースには独自のローカル座標系があります。 これは、入力の座標系を世界座標系にマッピングするために使用する XRSpace (en-US) である gripSpace プロパティによって記述されます。 次に、グリップ空間の座標系を使用してオブジェクトをレンダリングし、ユーザーの手に持っているように見せることができます。

GripSpace プロパティで定義された座標系を示す図

入力ソースの座標系の詳細については、gripSpace プロパティについて詳しく説明している記事を参照してください。

仕様

仕様 状態 コメント
WebXR Device API
XRInputSource の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報