XRReferenceSpaceEvent.transform

安全なコンテキスト用: この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

XRReferenceSpaceEventtransform 読み取り専用プロパティは、イベントが表す変更が適用された後の、影響を受ける referenceSpace のネイティブの原点の位置と向きを示します。 transform は古い座標系を使用して定義します。 これにより、座標をイベント前の座標系からイベント後の座標系に変換するために使用できます。

構文

let refSpace = xrReferenceSpaceEvent.transform;

座標をイベント前の座標系からイベント後の座標系に変換するために使用できる変換を提供する XRRigidTransform オブジェクト。

使用上の注意

reset イベントを受信すると、キャッシュされた位置または向きの情報に変換を適用して、それらを更新された座標系にシフトできます。 または、キャッシュされた位置情報を破棄して、最初から再計算することもできます。 あなたが取るアプローチはあなたのニーズに依存します。

reset イベントの原因と対応方法の詳細については、reset イベントのドキュメントを参照してください。

この例では、シーン内のすべてのオブジェクトをウォークスルーし、各オブジェクトの位置にイベントの指定された transform を掛けて更新することにより、reset イベントを処理します。 シーンは scene オブジェクトで表され、その中にある objects と呼ばれる配列にすべてのオブジェクトが含まれています。

xrReferenceSpace.addEventListener("reset", event => {
  for (let obj of scene.objects) {
    mat4.multiply(obj.transform, obj.transform, event.transform);
  }
});

仕様

仕様 状態 コメント
WebXR Device API
XRReferenceSpaceEvent.transform の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser