AudioContextインターフェースのresume()メソッドは、一時停止されたオーディオコンテキストの時間の流れを再開します。

OfflineAudioContextでこのメソッドを呼ぶとINVALID_STATE_ERR例外が発生します。

構文

Promise<> baseAudioContext.resume();

引数

なし

戻り値

voidで完了するPromise。コンテキストが既に閉じている場合、プロミスは失敗します。

次のスニペットはAudioContext states デモ(すぐ実行)から取ったものです。suspend/resumeボタンをクリックすると、AudioContext.stateを問い合わせます—もしrunningならば、suspend()が呼ばれます。suspendedならば、resume()が呼ばれます。両方ともプロミスに成功するとボタンのラベルが適したものに更新されます。

susresBtn.onclick = function() {
  if(audioCtx.state === 'running') {
    audioCtx.suspend().then(function() {
      susresBtn.textContent = 'Resume context';
    });
  } else if(audioCtx.state === 'suspended') {
    audioCtx.resume().then(function() {
      susresBtn.textContent = 'Suspend context';
    });  
  }
}

仕様

Specification Status Comment
Web Audio API
resume() の定義
草案  

ブラウザ互換性

No compatibility data found. Please contribute data for "api.BaseAudioContext.resume" (depth: 1) to the MDN compatibility data repository.

参考

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, woodmix, maruhiro
最終更新者: mdnwebdocs-bot,