performance.toJSON()

Performance インターフェイスの toJSON() メソッドは標準のシリアライザです。パフォーマンスオブジェクトのプロパティの JSON 表現を返します。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

構文

myPerf = performance.toJSON()

引数

なし
 

戻り値

myPerf
Performance オブジェクトのシリアル化である JSON オブジェクト

var js;
js = window.performance.toJSON();
console.log("json = " + JSON.stringify(js));

仕様

仕様書 ステータス コメント
High Resolution Time Level 2
toJSON() serializer の定義
勧告 toJson()を定義します。

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
toJSONChrome 完全対応 56Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 25IE ? Opera 未対応 なしSafari 未対応 なしWebView Android 完全対応 56Chrome Android 完全対応 56Firefox Android 完全対応 25Opera Android 未対応 なしSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 完全対応 6.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明