performance.toJSON()

Performance インターフェイスの toJSON() メソッドは標準のシリアライザです。パフォーマンスオブジェクトのプロパティの JSON 表現を返します。

注:

この機能は Web Worker 内で利用可能です。

構文

myPerf = performance.toJSON()

引数

なし
 

戻り値

myPerf
Performance オブジェクトのシリアル化である JSON オブジェクト

var js;
js = window.performance.toJSON();
console.log("json = " + JSON.stringify(js));

仕様

仕様書 ステータス コメント
High Resolution Time Level 2
toJSON() serializer の定義
勧告 toJson()を定義します。

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser